Google

SHERLOCK(シャーロック)

ゲーム・オブ・スローンズ

glee / グリー ♪

ビッグバン★セオリー

  • シーズン3
  • シーズン2
  • シーズン1
無料ブログはココログ

サイト内記事検索

マイリンク

« Hulu か TSUTAYA DISCUS か、それが問題だ・・・(5) | トップページ | 「アバウト・タイム~愛おしい時間について~」もしも人生をやり直せたら・・・?! »

2015年7月30日 (木)

「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」怪しい禁断の愛の世界〜!

フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]

フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ

Fifty Shades of Grey

2015年 アメリカ映画

監督:サム・テイラー=ジョンソン

出演:ダコタ・ジョンソン

ジェイミー・ドーナン

この作品の公開当時、

アメリカで女性に人気の

ちょっと過激なラブストーリー

って感じの売り込みだったので、

気になってました〜

実際見てみたら・・・

え〜〜こんな感じの話だったの

この映画のストーリーとしては、

大学生のアナ(ダコタ・ジョンソン)は、

親友のケイトが風邪で寝込んでしまったので、

急遽大学新聞の取材の代打として

若き実業家で大富豪の

クリスチャン・グレイ(ジェイミー・ドーナン)

に出会う

お互い強く惹かれた二人は

個人的に会うようになるが、

なぜかクリスチャンは、

明らかにアナに好意を抱いているのに

恋愛関係になるのに消極的

ある日、アナに秘密保持の契約をさせてから、

クリスチャンは秘密の部屋の存在を明らかにして・・・

というお話

143483

この映画、公開当時、

「女性向けのちょっとエッチな映画」

ってことだったので、友達と

「見に行っちゃう〜〜??」

と盛り上がってたんですよね

結局予定がつかなくて行かなかったんですけど

なんか、その時のイメージとしては、

普通の大学生の女の子が、

年上の恋愛経験豊富な男性に出会い、

大人の愛の世界を知る

って感じなのかな〜??

と思ってました

で、今回DVDレンタル開始になったので、

もしこれが店舗だったら、恥ずかしくて借りられないけど、

今の私には TSUTAYA discus がある〜

ということで、宅配してもらっちゃいましたよ

もう、

気分はエロ本を借りる男子中学生と一緒

で、ドキドキしながら見てみたのですが〜

・・・・・・

えっ・・・・・・

あの・・・・・・・

この人・・・・・・・・・

この人ヘンタイです

どヘンタイです

Images

え〜こういう映画だったの

まさかSM映画だったとは、

もう、ドン引きです

というか、SM映画というか、

何も知らない女子大生のアナを、

なんとかドMにしよう、というドSの映画です

(分かりにくいわ

でもフツー、

どんなにイケメンで大富豪でも、

ヘンタイだけはごめんだよ

ってスタコラ逃げちゃうと思うんだけど、

この映画のアナはどっちかっていうと、

どんどん引っかかって行っちゃいます

Fiftyshadesofgrey4

だからきっと、このアナという女の子は、

元からそういう「Mっ気」がある子なんだと思います

引くわ〜

しかもなんかこのクリスチャンって、

なぜか目の前にいきなり現れたり、

どSな上にストーカーっぽいし

まあでも、映画の中のことは所詮他人事なので、

次ど〜なるのかな〜

って興味本位で、がっつり2時間見ちゃいましたけれども

映画の作り自体も、

映像もキレイだし、音楽もかっこいいし、

よく出来てると思います

まあでも、ストーリーに共感はしませんけれども

これだったら、女性同士の恋愛を描いていた

アデル、ブルーは熱い色

の方が、よっぽど共感できました

アデルは一生懸命、まっすぐに好きになってて、

そんな純粋な恋愛に胸が熱くなっちゃったんですけど、

こちらの二人は、小道具とかありすぎて、

ハア、それが楽しいですか・・・

って感じ

しかも、クリスチャンって、

いちいち命令口調で、

実在したら多分ほとんどの女性は

偉そうにすんじゃねーよ、キーー

ってなると思います(え? Erikaだけ?)

それで、

肝心の(?)エッチさ加減ですが・・・

結論からいうとそうでもなかったです

まあ、小道具とか使うから、

過激と言えば過激なんでしょうけど、

そしてアナを演じるダコタ・ジョンソンも、

かなりの時間ほぼマッパなので、

露出度は高いんですけどね〜

でもね、

ゲーム・オブ・スローンズ

ゲーム・オブ・スローンズ 第一章:七王国戦記 コンプリート・セット(5枚組) [Blu-ray]

の方が、

よっぽどエッチシーンは過激なような気がします〜

マッパ率も高いしね

露出で言うと、

アデル、ブルーは熱い色

もかなりマッパ率高かったですし

最近の映画・ドラマって、

かなり露出すごいですもんね〜

エッチシーンも過激だし

だから、それを期待してこの映画見ちゃうと、

完全に肩透かしかな〜

でも映画の出来は良かったし、

対岸の火事的にSM世界の出来事を見るのは、

なかなか面白かったですよ

そして、この映画のもう一つのウリは、

ほぼ無名の状態から、

この作品で一躍スターになった主演の二人

クリスチャン役のジェイミー・ドーナン↓

Images1

イギリスの俳優さんですね

今年33歳で、結構キャリアは長いのに、

これまではイマイチ注目されてこなかったけど

この作品で、一気に知名度を上げました〜

(ヘンタイ役だけど)

この映画の続編に出演も決まっているそうです

そして、

アナ役のダコタ・ジョンソン↓

Rs_1024x75915020615541710241fifty50

俳優のドン・ジョンソンと、

メラニー・グリフィスの娘さんという、

いわば二世俳優ですね

お嬢さんなのに、よくこれだけ脱ぐ作品に出たな〜

と思うんですが、これまでほとんど無名だったし、

この映画にチャレンジして

賭けに勝った

っていう状態に今いるんだと思います

スターダムを掴み取った根性のあるお嬢様ですね

というふうに、

ライジング・スター同士の

体を張った熱演対決も見どころです〜

ちょっとフツーの恋愛ものに飽きちゃった、

って人には、きっと面白い作品だと思いますよ〜

↑「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」予告編

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

人気ブログランキングへ
映画 ブログランキングへ

« Hulu か TSUTAYA DISCUS か、それが問題だ・・・(5) | トップページ | 「アバウト・タイム~愛おしい時間について~」もしも人生をやり直せたら・・・?! »

ラブ・ストーリー」カテゴリの記事

コメント

覚えていてくださって嬉しいですヽ(´▽`)/

自分もアデル、ブルーは熱い色の方が好きです。
例のシーンの長さには面喰いましたが…笑

フィフティ・シェイズ・オブ・グレイは映画館で観ました!
自分はあまり乗り気じゃなかったのですが、仕方なく…( ̄○ ̄;)!
この映画は女の子の方が見たいっていう人多いですよね!笑

RED☆さんを忘れる訳ないじゃないですか〜
いつもいろいろ情報教えていただいてありがとうございます
またよろしくお願いします〜

「アデル」は傑作だから、比べるのも酷な気もしますけどね〜
私はレンタルで見たから、例のシーンはカットされてました

この映画は「女性向け」って触れ込みだったから、もっとロマンチックな感じかと思ってたんですよ〜映画館にも女性がたくさん入ったみたいですが
でもなぜSM〜
期待と違いすぎてて〜

うおー
ありがたいお言葉(;ω;)笑
こちらこそよろしくです!

え、レンタルはカットなんですか!?
初耳だ∑q|゚Д゚|p

なんであんなに話題になったんだろう…
IMDbだと4.2なのにー
カップルで観なくていいかも…

RED☆さん、これからも、よろしくお願いします

そうなんですよ、レンタルでは、10分以上カットで、
完全版を見たければ、セル版を買う以外無いみたいです^_^;
多分、全部収録すると、アダルト指定しなくちゃいけない、とか、
業界の事情があるみたいですが、
監督はそれで納得したのかな〜(^_^;)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

» フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ [風に吹かれて]
プレイする? 公式サイト http://fiftyshadesmovie.jp 原作: フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ (E L・ジェイムズ著/ハヤカワ文庫)監督: サム・テイラー=ジョンソン   [続きを読む]

« Hulu か TSUTAYA DISCUS か、それが問題だ・・・(5) | トップページ | 「アバウト・タイム~愛おしい時間について~」もしも人生をやり直せたら・・・?! »

BGM

  • ADELE / 25

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

東日本大震災支援

東日本大震災チャリティ

「あまちゃん」みんな見てけろ♪