Google

SHERLOCK(シャーロック)

ゲーム・オブ・スローンズ

glee / グリー ♪

ビッグバン★セオリー

  • シーズン3
  • シーズン2
  • シーズン1
無料ブログはココログ

サイト内記事検索

マイリンク

« サッカーW杯 日本対ギリシア0−0引き分け:海外ニュース | トップページ | 「花子とアン」 仲間由紀恵演じる蓮さまと再会! »

2014年6月21日 (土)

映画「最強のふたり」やっぱり見て良かった名作!

最近すっかりワールドカップの記事ばかりになってしまったので、

初心に帰って映画のお話を

英語じゃなくてフランス語の映画なんですが、

ずっと気になっていた

最強のふたり

最強のふたりコレクターズ・エディション(2枚組)(初回限定仕様) [DVD]

  →映画の公式ホームページ http://saikyo-2.gaga.ne.jp

見てみました

これがやっぱり、思っていた以上に名作

笑いあり、涙あり・・・

そして何よりも人間の尊厳とか、

人間と人間との信頼関係とか、

色んなことを考えさせられる良い映画でした・・・

映画のお話は、

事故のため首から下が全身麻痺で車いす生活

フィリップ(フランソワ・クリュゼ)が、

新しい介護人の面接をするところから始まります。

Img_021ィリップ(フランソワ・クリュゼ)

そこにやってきたのは、

貧しい移民街出身で、失業保険が欲しいだけの

ドリス(オマール・シー)

Img_03ドリス(オマール・シー)

就職活動をした実績がないと失業保険が出ないので、

書類にサインだけくれ、と言うんですね。

障がい者の介護など、全くの素人のドリスですが、

フィリップはなぜか彼のことが気に入り、

介護人として雇い入れます。

そして、次第に2人は心を通わせ、

お互いに深い信頼を寄せる親友同士になっていくのです。

Img_01

この映画、見る前はもうちょっと、

説教クサいというか、

重度の障害を持つフィリップがかわいそうとか、

献身的に世話をするドリスは立派、とか

そんなトーンの映画かと思っていたら、

とんでもなかったです

ドリスは本当に遠慮がなくて、

「このチョコは健常者用だよ、イヒヒヒヒ〜、

ブラックジョーク!

とか言ったり、

動けないフィリップのことを

「動けないから」

みたいなことまで言っちゃうので、

これは日本でこの映画撮ったら、

すごい怒られそうだな〜

さすがおフランスユーモアも自由の国

というキワドいところが盛りだくさん

でも、そんなドリスがすごく魅力的に見えるのは、

まるで少年のように、相手が誰であろうと、

まっすぐで、あくまでも対等に接するんですよね。

それで、おちゃめで、正直

タテマエも無く、カッコつけたりもしないで、

いつも自然体で、こういう人、周りにいたら、

やっぱりフィリップみたいに心を許しちゃうかもしれません

こんなドリスのキャラクターは、やっぱりドリスを演じた

オマール・シー

の力によるところが大きいと思います

すごく、いいんですよね〜、

少年のようにキラキラした目で、

口は悪いんだけど、

真剣にフィリップの心の痛みとかを受け止めている

自分もこれまで生活で苦労してきた分、

相手の痛みが分かるのかもしれない・・・

とか思ったり。

だから、いつの間にか、

そんなドリスが見ている側も好きになって、

ドリスと離れた時のフィリップのツラさとかが、

ひしひしと伝わってきちゃうんですよね

う〜〜ん、やられた〜

いわゆる、

「泣かすぞ〜泣かすぞ〜」

という意図が丸見えの場面は無いんですけど、

でも、ドリスとフィリップの表情を見ているだけで、

色んな思いがひしひしと伝わってきて、

心に響いてくる感じの映画です

やっぱりこれはね、

脚本もスゴくいいんですけど、

ドリスとフィリップのキャスティングをした時点で、

もう大成功ですよね

フィリップ演じるフランソワ・クリュゼも、

首から上しか体が動かせない状態で、

見事に演じきっていましたし、

何と言っても、

フィリップとドリスが2人並んだ時のなじみ方というか、

2人が親友という設定にウソが感じられない人たちを選んだのは、

キャスティングの勝利ですよね

やっぱり、「バディもの」は、

「SHERLOCK(シャーロック)もそうですけど、

2人の相性がいいかどうかもすごく重要ですね

そんなわけで、この映画はそれが大成功した良い例ということで、

まだ見てない人にはぜひお薦めしたい映画です

↑「最強のふたり」予告編

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

にほんブログ村 映画ブログへ

人気ブログランキングへ

« サッカーW杯 日本対ギリシア0−0引き分け:海外ニュース | トップページ | 「花子とアン」 仲間由紀恵演じる蓮さまと再会! »

ヒューマン・ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画「最強のふたり」やっぱり見て良かった名作!:

« サッカーW杯 日本対ギリシア0−0引き分け:海外ニュース | トップページ | 「花子とアン」 仲間由紀恵演じる蓮さまと再会! »

BGM

  • ADELE / 25

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

東日本大震災支援

東日本大震災チャリティ

「あまちゃん」みんな見てけろ♪