Google

SHERLOCK(シャーロック)

ゲーム・オブ・スローンズ

glee / グリー ♪

ビッグバン★セオリー

  • シーズン3
  • シーズン2
  • シーズン1
無料ブログはココログ

サイト内記事検索

マイリンク

« ソチ五輪終了!MVPはやっぱり、浅田真央ちゃん!世界を泣かせた! | トップページ | ソチ五輪、MVP男子部門は・・・勝手に町田樹選手! »

2014年2月25日 (火)

真央ちゃん、お帰り!!感動をありがとう!それでも、フィギュアの採点には・・・

ついに、ソチ・オリンピックが閉幕しましたsign03

たくさんの感動を与えてくれた、日本選手団が帰国しましたよ〜heart04

15歳の平野選手の活躍に始まり、羽生結弦選手の金メダル

「レジェンド」葛西選手の悲願のメダル

そして浅田真央ちゃん涙のフリープログラムsign03

たくさんの感激あり、涙ありだったこの大会good

選手の皆さん、おつかれさまでしたsign03

少しの間、体を休めて、鋭気を養って欲しいですheart04

こんなふうに、とってもいい大会だった・・・

と全体的には思うのですが・・・

やはり最後にどうしてもひっかかったのは、

フィギュアスケートの悪名高い採点法でしたsign03

頑張った浅田真央ちゃんのためにも、

フィギュアの不透明な採点を改善するよう、強く願いますsign03

真央ちゃんが満足しているのなら、余計なこと言いたくないのですがね・・・

職場の人たちと皆で「感動したね〜」と話してても、結局、

「真央ちゃんは残念だった、ショートでもあの演技なら、

金メダルshineだったのに!」

「(某高得点女王は)やっぱりミスしないのがすごい」

という論調になってて、ちょっとそれは違うだろうsweat01

せめて自分の運営サイトでくらい、実際はどうなのか?

というところを考えてみたいと思います。

まずは、この、上位各選手の点数内訳が出ているサイトをご覧下さい↓

フィギュア女子 演技構成表

これを見ると、「ええ〜っsign03shockとなります。

なぜかと言うと・・・この表によると女子のフリー・プログラムでは、

基礎点(→選手が実際に実施した技の点数/つまり客観的点数は・・・

1) 浅田真央:66.34

Unknown_2女子史上初の6種類トリプルジャンプ8回!

2) アデリナ・ソトニコワ:61.43   ←金メダル

 ↑5種類トリプルジャンプ7回

3) カロリーナ・コストナー:58.45   ←銅メダル

 ↑5種類トリプルジャンプ7回

4) いつでも高得点女王:57.49  ←銀メダル

 ↑4種類トリプルジャンプ6回

・・・・・

なんとsign03 浅田真央ちゃん、ダントツトップですsign03

さ、さすが日本が誇る天才スケーターsign03

1人だけ異次元の強さですsign03

そして、いつでも高得点女王は最下位sign03 

この選手は前回金メダルのバンクーバー五輪でも

「世界最高得点を取った選手なのに、なんで?」

ですよね、当然不思議です。

なぜ点数が低いのかというと、トリプルジャンプの種類も少ないし、

これらトップ選手の中で唯一、スピンとステップで、

評価レベル3があった選手でもあります。

そう、他の選手はみんな最高評価レベル4だったんですね。

繰り返しますが、これが「本当に選手たちが実施した点数」です。

ところが、これに、

出来映え点(審判の気持ちで加算される主観的な点数が加わると、

あっという間に・・・ひっくり返る・・・

1) アデリナ・ソトニコワ:75.54 (61.43 +  出来映え点14.11)

2) 浅田真央:73.03  (66.34 + 出来映え点6.69

3) いつでも高得点女王:69.69    (57.49  + 出来映え点12.2) 

カロリーナ・コストナー:68.84 (58.45 + 出来映え点10.39)

・・・・・・

ええっ!!真央ちゃんの出来映え点の少ないことと言ったら・・・shock

あれだけのスケートを見せた選手に、馬鹿にしてるのかいsign02

出来映え点でランキングをつけると、こうなります。

1) アデリナ・ソトニコワ:75.54 (61.43 +  出来映え点14.11)

2) いつでも高得点女王:69.69    (57.49  + 出来映え点12.2) 

3) カロリーナ・コストナー:68.84 (58.45 + 出来映え点10.39)

4) 浅田真央:73.03  (66.34 + 出来映え点6.69

Unknown1出来映え点、少なすぎないか・・・

もうこの時点で、開催国と次期開催国の選手が上位に上がってきますsweat01

そして、演技構成点という、審判が「そう思った」でつけられる、

主観的な点数が加算されると、こうなります。

1) アデリナ・ソトニコワ:149.95 (75.54 +  演技構成点74.41)

2) いつでも高得点女王:144.19 (69.69演技構成点74.50)

3) 浅田真央:142.71 (73.03 + 演技構成点69.68)

4)カロリーナ・コストナー:142.61 (68.84 +  演技構成点73.77)

・・・

なんと! 一番実施した技の点数(基礎点)が低かった、

いつでも高得点女王にさえ、抜かされてしまいますshock

演技構成点の点数のランキングは以下の通り。

1) いつでも高得点女王:144.19 (69.69演技構成点74.50)

2) アデリナ・ソトニコワ:149.95 (75.54 +  演技構成点74.41)

3)カロリーナ・コストナー:142.61 (68.84 +  演技構成点73.77)

4) 浅田真央:142.71 (73.03 + 演技構成点69.68)

Images演技構成点も少なすぎないか・・・

なんと、あれだけのプログラムを見せて、世界中を泣かせた選手に、

トップ選手たちからおよそ5点も低い点数・・・shock

「スケートの技術」「音楽の解釈」等々だそうですが、

悪いけど、あれだけのスケートを滑れる人の「スケートの技術」、

こんなに低いですか? 何をもって点数をつけているんでしょう?

こんな、「審判たちのさじ加減次第」で簡単に、

選手たちが実際に実施した演技の点数をひっくり返せるとは、

見てる方もアホらしくなりますshock

なんで「審判たちのさじ加減次第」と思うかと言うと、

今回のいつでも高得点女王の演技で、着氷が乱れたところがありましたねsign02

私は演技を見ていて「あ、転ぶsign03」とヒヤッとしましたcoldsweats01

アデリーナちゃんもコストナー選手も、着氷でヒヤッ

というところはあったのですが、点数表を見ると、

やっぱり少し点が引かれてます

ところが不思議sign03 いつでも高得点女王の場合だけ、

どのジャンプにもぜ〜んぶ加点sign03

なんで? お世辞にも綺麗に下りたと言えないジャンプに、加点sign02

・・・・・・・適当すぎる・・・・・

私は特に、選手個人に恨みがある訳でもないから、

個人攻撃するつもりじゃないし、

一番悪いのはこういうふうに、好きな選手には加点、加点で、

実際の実施演技の点数は一番低かろうとも、

簡単に金メダル争いにも加われるように仕立てる事ができる、

この採点システム、と言えます。

だから、真央ちゃんが、ショートも調子がよければ、

金メダルだったかも・・・と言う人には、

「いいや、そうではありません」

とお答えしたいと思います。

フリーでも、滑走順が最終グループだったら、もっと点が伸びたかも?

「何を根拠に?高得点女王はショートで早く滑って最高得点でしたよ」

とお答えします。

ショートでフリーのような、ノーミスの凄まじい演技をしても、

うま〜く審判が頑張って、せいぜい3位だったと思います。

フリーの演技は実際のところは、まず低すぎる演技構成点を、

せめて他のトップ選手と同じくらい足してあと5点

出来映え点も鬼のように低いから、せめて10点にはなるようにあと4点

それくらい足すと、あっという間に150点を突破して、

フリー女子歴代最高点shineとなったはずですsign03

でもそうすると、都合の悪い方々がいたということですね・・・

それくらい、今回の女子フィギュアのメダルは、

開催国と次期開催国の政治的思惑が色濃く反映された結果でしたsweat01

真央ちゃんがいくら頑張っても、金メダルは、そして銀メダルまで、

「すみませ〜ん、ご予約済みなもんで・・・bleah

ってところですよねshock

あ、でもソトニコワ選手の演技に文句つけるつもりはありませんsweat01

彼女の実施した技は実際真央ちゃんに次ぐ高難度だった訳ですし、

どのジャンプも高くて見応えがありました。

スピンもキレイだし、最後までスピード感あふれる演技でした。

コストナー選手も、倒れそう!ってくらいスケートの歯を倒して、

笑顔で滑っていく様は圧巻でしたgood

ジャンプも高くてキレイだし、滑りでも、

優雅で、何もしなくてもツイ〜っと加速して行くのは、

うっとりと眺めてしまいましたよ。

ショートの演技は、実質トップだったと思っています。

ただ、結局いつでも高得点女王はねえ・・・

個人攻撃したい訳ではないけど、一番難易度の低いプログラムで、

フリーの最後の方はあきらかにスピードがなかったsweat01

解説の人も「元気がありませんでした」と言っていましたしねsweat01

転倒など目立ったミスは無かったですが、

それだけ3回転の数も少ないから、リスクは一番低い訳ですよね。

その上着氷の乱れも見逃しだし、

スピン、ステップとも、のそのそしてスピードもなかったですし・・・

結局一番審判の恩恵を受けていた選手に見えてしまいますbearing

真央ちゃんの元コーチ、タラソワ先生も批判してるって・・・

タラソワ「私ならもっと低い点付けた」ヨナのスピンを酷評

またキム・ヨナの技術を「レベル3程度のスピンで、各要素とのつなぎは4年前より単純だった。私が審判だったらもっと低い点数を付けただろう」と酷評。一方、ソトニコワのスピンはすべてレベル4だったとし、キム・ヨナのスピンよりもはるかに難しいものだったと説明した。

まあ、今回は金メダルを争った国ですから、辛口になるかもしれないけど、

タラソワ先生はバンクーバーの時からこの選手の点が高すぎる、

って批判をしていたのを覚えています。

でも、このニュースを見て、妙に納得してしまいました。

キム・ヨナがIOC会長と秘密会談=女子シングルの疑惑判定には触れず

2014年2月24日、大韓体育会は、ソチ五輪女子フィギュアスケートで銀メダルを獲得した韓国のキム・ヨナが23日、国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長と会談したことを明らかにした。捜狐体育が韓国メディアの報道として伝えた。

バッハ会長とユースオリンピック広報大使を務めるキム・ヨナは、インスブルックユースオリンピック2012に出場した選手3人と会談。議論を呼んだフィギュアスケート女子シングルの判定については触れられなかったという。

「キム・ヨナはIOC委員に意欲を示している」と韓国の一部メディアが報じたこともあり、バッハ会長との“秘密会談”に関心が集まった。(翻訳・編集/NY)

なんと、一選手が、IOC会長と会談ですか・・・

この選手はこういう大物にも顔が利く、

政治的なバックがついている、ということですね。

そりゃ、審判たちにいつでも好待遇・・・

そのうち、橋本聖子さんみたいに、政治家デビューしそうですね。

そのうち、女性大統領になっちゃうかもよsign02

ま、ともかく女子フィギュアとはこういう政治的思惑のうごめく世界

というわけですねsweat01

真央ちゃんには引退して欲しくない、引退しないのでは?!

という報道もありますが、こんな状況で戦い続けるのは

本当に愛する真央ちゃんのためにいいことなのかどうか、

一同よう〜〜く、考えてみる必要がありそうですね・・・wobbly

今、採点問題で騒いでるようですから、どうせなら

バンクーバーの怪しい採点まで戻って全部膿を出し切って、

組織自体が生まれ変わらないとこの体質は変わらないと思う・・・

 *参考記事 フィギュアスケートの採点方法への批判:海外ニュース

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

« ソチ五輪終了!MVPはやっぱり、浅田真央ちゃん!世界を泣かせた! | トップページ | ソチ五輪、MVP男子部門は・・・勝手に町田樹選手! »

海外ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/554351/59198145

この記事へのトラックバック一覧です: 真央ちゃん、お帰り!!感動をありがとう!それでも、フィギュアの採点には・・・:

« ソチ五輪終了!MVPはやっぱり、浅田真央ちゃん!世界を泣かせた! | トップページ | ソチ五輪、MVP男子部門は・・・勝手に町田樹選手! »

BGM

  • ADELE / 25

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

東日本大震災支援

東日本大震災チャリティ

「あまちゃん」みんな見てけろ♪