Google

SHERLOCK(シャーロック)

ゲーム・オブ・スローンズ

glee / グリー ♪

ビッグバン★セオリー

  • シーズン3
  • シーズン2
  • シーズン1
無料ブログはココログ

サイト内記事検索

マイリンク

« “レジェンド”葛西紀明選手、海外からも賞賛の声止まず | トップページ | もうすぐ浅田真央ちゃん登場!一番の敵はえこひいきな採点にあり! »

2014年2月18日 (火)

“レジェンド”葛西紀明選手、団体戦銅メダルで若返る?!

現在ロシアで行われているソチ・オリンピック、

日本の“レジェンド(伝説)”葛西紀明選手、

41歳で、見事に銀メダルを獲得しましたsign03

41歳のこの快挙については、海外ニュースでも多くの賞賛が寄せられましたhappy01

 *“レジェンド”葛西紀明選手、銀メダルおめでとう!:海外ニュース

 *“レジェンド”葛西紀明選手、海外からも賞賛の声止まず

一躍時の人となった葛西選手sign03 今日の早朝、

スキージャンプ団体戦でも日本チームの一員として登場し、

見事、銅メダルを獲得しましたshine

「長野より価値ある」=41歳葛西、最高の輝き―男子団体〔五輪・スキージャンプ〕

2014021800000045jijp0001view

41歳の主将・葛西が最高の輝きを放った。万全ではないチームを引っ張り、メダルへと導いた。「一緒にメダルを取るなら、こいつらだと思っていた。後輩たちにも、絶対メダルを取らせてあげたかった」。逆境を乗り越えてきた仲間のことを思うと、個人のメダルでは出なかった涙が、せきを切ったようにあふれ出した。

 1回目直前の控室。円陣を組み、気合を入れる。「今回は絶対に取るぞ」。清水、竹内、伊東に続き、葛西も2回とも見事に決め、エースの重圧をはねのけた。

 4人とも13位までに入った個人ラージヒル(LH)の成績から見れば、金メダルも狙えた。それでも、葛西にとってメダルの色は関係なかった。LHで銀メダルを取った時、後輩たちが自分のことのように喜んでくれた。その時、ふと思った。「僕だけメダルじゃ、みんなは悔しいはず」。けがや病気を抱えながら、ともに戦ってきた大事な仲間たちを、手ぶらで帰らせるわけにはいかなかった。

 積年の悔いも、少しは晴らせた。長野五輪ではけがもあって団体に出場できず、自分だけ金メダルメンバーになれなかった。テレビ画面にあの時の映像が流れるたび、何度も悔しい思いがよみがえった。当時と比べて世界のレベルも上がる中、団結力でつかんだ団体のメダル。「長野のメダリストよりも価値がある」と、誇らしげに言った。

 「最高の五輪になった。本当に満足している」。そう言った後、付け加えた。「でもやっぱり、金メダルが欲しい。ワールドカップの総合優勝も目指したい」。終着点は、まだ先にある。(時事)

いや〜、見事な銅メダルでしたsign03

葛西選手がインタビューで涙を流しているのを見た時には、

私も泣けてきましたよcrying

個人でも銀メダル、そして団体でも見事に銅メダル、

本当に見事な大活躍でしたsign03

日本チームの若手選手たちも、すごいプレッシャーがかかる中、

よく頑張りましたheart04

実際、葛西選手がついに金メダルか?!と日本中の注目が集まるなか、

競技をするのはツラかったんじゃないかな?と思いますconfident

見事なチームの勝利sign03 おめでとうございますsign03

この活躍は、すかさず海外でも報道されていましたhappy01

Japanese bronze medalist Noriaki Kasai jokes he "feels 32 again"

日本人の銅メダリスト、ノリアキ・カサイは「また32歳のような気分」と冗談を言う

Noriakikasai

Japan's Noriaki Kasai has joked that winning a bronze medal in the men's team ski jumping competition makes him feel young again.

日本のノリアキ・カサイは、男子団体スキージャンプ競技で銅メダルを獲得し、また若返った気がすると冗談を言った。

The 41-year-old veteran was part of a four man group alongside Reruhi Shimizu, Daiki Ito and Taku Takeuchi which came third, behind Germany and Austria, winning the Japanese their first medal in the event since the 1998 Games in Nagano.

その41歳のベテラン選手は、レルヒ・シミズ、ダイキ・イトウ、タク・タケウチとともに男子団体チームの一員だった。このチームはドイツ、オーストリアに次いで、三位となった。1998年長野オリンピック以来初めての団体競技でのメダルだった。

Kasai won a silver medal in the individual large hill event last week, with his only previous Olympic medal coming 20 years ago.

カサイは先週、個人ラージヒルで銀メダルを獲得した。前にオリンピック・メダルを獲得してから、20年後のことだった。

He told the Japan Times: "I was crying at the end. These memories will be kept forever. The individual was more precious, but the team is more important.

 カサイはJapan Timesにこのように話している。「最後には泣いていました。この思い出は永遠に忘れません。個人戦は大事ですが、団体はもっと重要です。」

"Of course I actually wanted gold, but the color doesn't mean anything anymore. I'm just very happy. Being in the Olympics means being the best in the world and this makes me want to continue. I feel 32 again!"

「もちろん、本当は金が欲しかった。でも色はもう関係ありません。私はただとても幸せです。オリンピックに参加するという事は、世界で最高だということで、そのために続けたいと思います。また32歳になったように感じます!」

素晴らしいですね〜また32歳!!

葛西選手は50歳まで現役を目指すそうですから、

今後もまだまだ活躍してくれそうですねhappy01

伝説(レジェンド)は続いていく・・・heart04

次のオリンピックが楽しみですsign03

葛西選手なら、本当に、次の、ひょっとしたらその次も、

オリンピックで金メダルを取ってくれると思いますsign03

それまで、怪我に気をつけて、頑張ってくださいhappy01

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

« “レジェンド”葛西紀明選手、海外からも賞賛の声止まず | トップページ | もうすぐ浅田真央ちゃん登場!一番の敵はえこひいきな採点にあり! »

海外ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/554351/59156432

この記事へのトラックバック一覧です: “レジェンド”葛西紀明選手、団体戦銅メダルで若返る?!:

« “レジェンド”葛西紀明選手、海外からも賞賛の声止まず | トップページ | もうすぐ浅田真央ちゃん登場!一番の敵はえこひいきな採点にあり! »

BGM

  • ADELE / 25

最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

東日本大震災支援

東日本大震災チャリティ

「あまちゃん」みんな見てけろ♪