Google

SHERLOCK(シャーロック)

ゲーム・オブ・スローンズ

glee / グリー ♪

ビッグバン★セオリー

  • シーズン3
  • シーズン2
  • シーズン1
無料ブログはココログ

サイト内記事検索

マイリンク

« 浅田真央ちゃん、グランプリ2連勝!笑っちゃう実力の差 | トップページ | ゲーム・オブ・スローンズ 第1章 七王国戦記(7)「勝つか死ぬか」 »

2013年12月10日 (火)

羽生結弦選手 グランプリファイナル優勝おめでとう

福岡で開催されたフィギュアスケートの

グランプリファイナル!が終了しました。

男子では、仙台の羽生結弦選手初めての優勝を飾った、

記念すべき大会でしたhappy02

もっと早く、お祝いの記事を書くつもりだったんですが、

浅田真央ちゃんが、ひどい明らかな誤審の被害にあったり、

どっかのB級大会で、グダグダの演技なぜかその最高点を抜き去ったり、

という怪しい裏工作のようなものがあったりして、

フィギュアスケートに対する怒りと不信感でいっぱいでした。

気を取り直して、今日は羽生選手メインで、

その勇姿を振り返ってみたいと思いますhappy01

↓勝負をかけたフリー・プログラムの演技です。

冒頭の4回転で、転倒してしまった時には、

「ああ、もうダメか・・・」と一瞬がっかりしてしまいましたが、

その次にすかさず、キレイな4回転を決めてくれて、

やった〜heart04 と大盛り上がりhappy01

その後も、次々とジャンプを決めていって、もうドキドキの連続でしたgood

イナバウアーも、しっかり決めてくれて、もう、勝った・・・sign02

と、勝利を確信し始めたのが、ラストのスピンの前でしたhappy01

でも、その最後のスピンは、疲れも出たのか、

とてもほめられない出来映えだったけど、

それでも、全体としては、本当によくやりましたsign03

お見事sign03   英語の解説者も、

Absolutely fantastic!  He's an amazing talent.

  本当に素晴らしい! 彼は驚くべき才能です。

とほめまくりです。

本当によく頑張ってくれましたsign03

これで、ソチ・オリンピック出場も決定ですねhappy01

ぜひ、頑張ってきて下さいlovely

でも、この勝利に水を差す訳ではないけれど・・・sweat01

この点数、ちょっと出過ぎじゃありませんsign02

真央ちゃんへの不当な採点を目の当たりにした後だと、

どうして羽生選手にだけこんなに大盤振る舞いとも言える点がsign02

まあ、4回転や、3回転半もビシビシ決めていって、

最後までスピード感もあったし、

決してどこぞの「なぜかバカみたいに高得点女王」のように、

大した技もしてないのに、バカスカ点が出る、みたいなのとは違うんですけどsign03

そこは羽生選手の名誉にもかけて、絶対違うんですけどsign03

ただ、こうも大会によって点数が激しく上下動すると、

本当にちゃんとした基準なんて無いんじゃないのか?

と疑心暗鬼になりますbearing

羽生選手も、その点、勝利を素直に喜べない部分もあるみたい↓sweat01

“ボクの得点高すぎ”羽生がジャッジに疑心暗鬼
東スポWeb 12月9日(月)16時29分配信

2013120900000016tospoweb0001view

 フィギュアスケートのGPファイナル(福岡)で初優勝した羽生結弦(19=ANA)は、ジャッジの不安定さへの戸惑いが消えていない。

 今大会は、自身の感触以上の高得点(合計293・25点)を叩き出して優勝。得点が発表された直後から笑顔は控えめで「僕の中ではあの点数が出るとは思っていない」と納得のいかない表情を見せていた。

 8日も「自分の満足した演技の時に点数が出なかったり、良くなかった時にいい点がでたり、戸惑いはかなりある」とポツリ。さらに「ジャッジによって分かれるのは仕方ないので、自分の中で評価をしっかり持っておかないと」と自分自身に言い聞かせた。

そりゃ〜〜、そうですよねbearing

どれだけ練習を重ねてきても、評価されたりされなかったりだと、

一体、何に向かって練習していいか分からなくなってしまいますbearing

この現在の採点方法、本当に客観的な判断基準が無いのでは?

 *フィギュアスケートの採点方法への批判:海外ニュース

昨日も書いたばかりだけど、改めて・・・

↓このトロトロ、モタモタで、音楽のテンポ完全無視の演技が、最高点だってsign02

ほんとに、シロウトだと思って、人をバカにしてるとしか思えないpout

何がひどいって、フットワークが一番ひどいsign03

スケートも滑っていかないし、足下はモタモタ、ノロノロ〜・・・

この人を小バカにしたような演技で、オリンピックでも優勝する気なのsign02

私は日本人だから、多少のひいき目はあるかもしれないけど、

↓の演技と↑の演技、顔と国籍を隠されてみせられても、

どちらが難易度の高い高度な演技をしているか、さすがに分かる自信があります。

トリプルアクセルをはじめ、より難易度の高いジャンプを連発していますよ。

それ以外にもスピンスパイラルも、目を奪われる美しさと、

人体に明らかに負担の大きい難しいポジションだし、

何と言っても、ステップの見事さ!

そして、最後のエンディングに向けて、リンクを縦に

だーっと、見事なフットワークで駆け抜けていく疾走感も、

あっと言わされます! 本当に最後まで、目が離せないheart04

これで、上の「ノロノロ〜」っとした演技の方が、

「質が上です。」とか言われてもねえ・・・coldsweats02

・・・あ、結局文句ばっかりになっちゃいましたけど、

なんかフィギュアスケートって、試合を見れば見るほど、

嫌いになって来るなあ〜・・・coldsweats01

浅田真央 そして、その瞬間へ (読み物単品)

↑この本欲しいな〜買っちゃおうかな〜happy02

↓よかったら応援ぽちっとお願いします

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

« 浅田真央ちゃん、グランプリ2連勝!笑っちゃう実力の差 | トップページ | ゲーム・オブ・スローンズ 第1章 七王国戦記(7)「勝つか死ぬか」 »

海外ニュース」カテゴリの記事

羽生結弦選手応援」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/554351/58733931

この記事へのトラックバック一覧です: 羽生結弦選手 グランプリファイナル優勝おめでとう:

« 浅田真央ちゃん、グランプリ2連勝!笑っちゃう実力の差 | トップページ | ゲーム・オブ・スローンズ 第1章 七王国戦記(7)「勝つか死ぬか」 »

BGM

  • ADELE / 25

最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

東日本大震災支援

東日本大震災チャリティ

「あまちゃん」みんな見てけろ♪