Google

SHERLOCK(シャーロック)

ゲーム・オブ・スローンズ

glee / グリー ♪

ビッグバン★セオリー

  • シーズン3
  • シーズン2
  • シーズン1
無料ブログはココログ

サイト内記事検索

マイリンク

« ラブ&ドラッグ (6) | トップページ | サッチャー元首相死去関連:海外ニュース »

2013年4月 7日 (日)

ラブ&ドラッグ (7)

今日は大変な天気でしたね。

こんな日は自宅で映画でも見よう、

と過ごした方も多かったのではないでしょうか。

さて、本日も引き続き、

アン・ハサウェイ主演

ラブ&ドラッグ

(原題:Love and Other Drugs)

の英語を見ていきたいと思います。

イケメンのルックスを武器に、

これまでさんざん女遊びをしてきた

ジェイミー(ジェイク・ギレンホール)ですが、

マギー(アン・ハサウェイ)には本当に

惚れ込んでしまったようです。

電話もするなと言われてもかけて、

今度はマギーのところへ会いに押し掛けます。

カナダまで薬を買いに行くツアーに行くところだったマギーは、

そんな彼に困惑して、戻りの時間をわざと嘘を言って出かけます。

でも、夜遅くに戻ると聞いたジェイミーは、

バスの発着所で一晩中彼女の帰りを待っているのです。

ああ、王道 

やっぱりラブ・ストーリーはこうでなくちゃ

翌朝帰ってきたマギーは、

ジェイミーが駐車場で待っているのを見てびっくり

そしてこんなふうに話します。

Maggie:  When you end it, I get to hate you,

         あなたが振ったら、嫌いになるよ。

     and act all cold, and tell embarrassing stuff to my friends.

   冷たくなって、恥ずかしい話を友達にするよ。

Jamie:  OK.  いいよ。

M:  And you don't get to move in,

    それと、引っ越してきてもダメ。

   or become friends with my friends,

   私の友達と友達になってもダメ。

  or introduce me to your parents.

   両親に紹介するのもダメ。

This is what this is, whatever this is.

   こうしなくちゃダメ。なにがあってもダメ。

J:  Are you done?   終わった?

M: Have you been here all night?  一晩中ここにいたの?

J:  Yes.  そうだよ。

ということで、二人はついに付き合う事になるのですが・・・

この「付き合う条件」、すごいですね〜

普通、女の子がやって欲しい事、全部ダメ、って言うんですから

This is what this is, whatever this is.

  (直訳:これはこうあるべきものだ、なんであろうとこうあるべきだ。)

って言い切っているフレーズが、リズムもよくて上手いです

でも、そんな彼女が、並の女には飽きてしまった

モテ男ジェイミーにはたまらないようです

さあ、いよいよ二人は付き合い始め、

ジェイミーはついに「バイ○グラ」の販売をスタート!

ご存知のようにこのお薬は、

世界中でセンセーションを巻き起こしていくのです

営業成績をぐんぐん延ばすジェイミー、

マギーもいて、幸せいっぱいと言うところですが、

マギーにはパーキンソン病という大きな敵があります

これに二人でどう立ち向かっていくのか?!

がこの後の見所です。

この後は、映画もクライマックスにさしかかるので、

「ラブ&ドラッグ」の回は本日でおしまいです

続きはぜひ、DVDなどで見てみてください

あ、でも誰かと見るときは、

相手に気をつけた方がいい映画です

でも全体としては、そんなにエッチじゃない印象でした

もちろんヌードシーンも多いのですが、

アン・ハサウェイジェイク・ギレンホールも、

彫刻のようなきれいな体で、絵画を見ているような

(と言ったら言い過ぎかな?)感覚です

そして、実はこの映画は

「パーキンソン病」という難病についての

啓蒙という意味合いもあります。

私もこの映画を見るまで、この病気についてよく知りませんでした。

現在でも治す事のできない難しい病気のようです。

この病気の根絶方法が早く見つかりますように、

と思わずにはいられません。

病気を患っている方達の苦悩が映画の中でもしっかり描かれています。

ということで、「アン・ハサウェイのヌードだよ〜」と

鳴り物入りだったこの映画ですが、

実際は超王道ラブ・ストーリーで、

しかも難病についても知る事のできる、

固いテーマのものでもありました

でも・・・それでも見終わった時

「アン・ハサウェイはあんなにサービスして脱ぐ必要があったのか?」

はちょっと疑問に思いましたね・・・

若くてきれいなうちの記念、にはなったかも

↑「ラブ&ドラッグ」予告編動画です。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

« ラブ&ドラッグ (6) | トップページ | サッチャー元首相死去関連:海外ニュース »

ラブ・コメディ」カテゴリの記事

アン・ハサウェイ情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ラブ&ドラッグ (7):

« ラブ&ドラッグ (6) | トップページ | サッチャー元首相死去関連:海外ニュース »

BGM

  • ADELE / 25

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

東日本大震災支援

東日本大震災チャリティ

「あまちゃん」みんな見てけろ♪