Google

SHERLOCK(シャーロック)

ゲーム・オブ・スローンズ

glee / グリー ♪

ビッグバン★セオリー

  • シーズン3
  • シーズン2
  • シーズン1
無料ブログはココログ

サイト内記事検索

マイリンク

« 英国王のスピーチ (2) | トップページ | 英国王のスピーチ (4) »

2013年3月 8日 (金)

英国王のスピーチ (3)

本日も引き続き、

「レ・ミゼラブル」でアカデミー賞を騒がせた

トム・フーパー監督による、

2011年アカデミー賞4冠の名作

英国王のスピーチ

 (原題:King's Speech)

英国王のスピーチ スタンダード・エディション [DVD]

を見ていきたいと思います。

基本的に室内劇で、会話がメインとなる映画ですが、

ずらりと揃えた名優たちの力量で、

会話のやり取りにドキドキ・ハラハラし、

あっという間に引き込まれてしまう作品です

さて、映画の物語の続きです。

奇抜な方法で、アルバート王子(コリン・ファース)

との賭けに見事に勝った

言語療法士・ローグ先生(ジェフリー・ラッシュ)

この時うまく使われたのが、

当時出始めだった録音機

レコードに録音ってできるのですね、

これを見て初めて知りました

このレコードを聴いたときの

エリザベス妃(ヘレナ・ボナム・カーター)

表情は見どころの一つです

ヘレナ・ボナム・カーターは、抑制された感情をあらわすのが

本当にうまいです。演技じゃないみたい!

さて、父王からも、演説の上達も迫られて、

アルバート王子は再びローグ先生のオフィスを訪ねます。

それでも、前回のことがあるので、身構える王子。

Albert: Strictly business. No personal announces.   

     きっちり仕事だけ。個人的な話は無しだ。

と、ローグ先生をけん制します。

しかし、今回はエリザベス妃も一緒。

ローグ先生の力を見込んだ妃は、積極的に話を進めようとします。

Elizabeth: As far as I can see it, my husband has "mechanical" difficulties with the speech.

  私の見たところ、夫は話すことに「機械的な」困難があるようです。

Albert: I'm willing to work hard, Dr. Rougue.

    努力するつもりだ、ローグ博士。

Lionel:  Lionel.   ライオネル、です。

Albert: Are you willing to do your part?

     役目を果たしてくれるか?

Lionel: Fine.   よいでしょう。

こうして、ライオネル・ローグ先生の、

「機械的」な困難を克服するための、

一見奇妙な吃音症の治療が始まるのです!

この治療は見ていてほんとに面白い!

この映画は、実話に基づいて作られていて、

ローグ先生の治療記録も参照にしているのですが、

ほんとにこんなことやってたのかな

思わず、エリザベス妃も笑ってこう言ってしまうほど。

E: Alright, Bartie. Actually that's quite fun.

   ねえ、バーティ。とっても楽しいわ。

  ↑ローグ先生のおもしろ治療シーン。役に立つのか?

さあ、こんな治療の成果ははたして現れるのか

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

« 英国王のスピーチ (2) | トップページ | 英国王のスピーチ (4) »

ヒューマン・ドラマ」カテゴリの記事

コメント

この映画は、本当に面白かったです。
役者さんたちが、本当に芸達者というか、それぞれがハマってましたよね。

関係ない話ですが、アメリカのコメディー映画で「なんてこった!」みたいに驚くというか、そういうシーンのセリフが「ヘレナ・ボナム・カーター!!」でした。
音が似ている言葉があるんでしょうか?

英語に疎い私には分かりませんでしたが、ちょっとツボりました。

あじゃみんさん、コメントありがとうございます!
本当に役者さんが素晴らしいし、また配役も絶妙でした。

「ヘレナ・ボナム・カーター」の話、教えていただいてありがとうございます☆
私もそんな驚き方(笑)初めて知りました!
Oh my god の代わりに言っているのかな?
でも全然音は似ていないですもんね~?
よければ、映画のタイトル教えていただけますか?
ぜひ見てみたいと思います~♪

やっぱり言葉って奥が深いですね~

Erikaさん、こんにちは。

映画のタイトルは、アン・ハサウェイとかが出ていた「ゲットスマート」というコメディの
スピンオフで、「ブルース&ロイドの ボクらもゲットスマート」というマシ・オカさんが出ている
コメディー映画です。

ゲットスマートを見ていなくてもストーリーに直接関連はないので楽しめますが、
見てから僕らもを見ると、さらにクスリと笑えます。

あじゃみんさん、こんばんは
映画のタイトル教えていただいてありがとうございます!
「ゲットスマート」は以前見ているので、
ぜひこのスピン・オフ映画も見てみたいと思います♪
でも「ゲットスマート」はずいぶん前に見たので、記憶がおぼろ・・・
まとめて観ちゃおうかな
貴重な情報をありがとうございました

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 英国王のスピーチ (3):

« 英国王のスピーチ (2) | トップページ | 英国王のスピーチ (4) »

BGM

  • ADELE / 25

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

東日本大震災支援

東日本大震災チャリティ

「あまちゃん」みんな見てけろ♪