Google

SHERLOCK(シャーロック)

ゲーム・オブ・スローンズ

glee / グリー ♪

ビッグバン★セオリー

  • シーズン3
  • シーズン2
  • シーズン1
無料ブログはココログ

サイト内記事検索

マイリンク

« 東日本大震災から2年: 海外ニュース 2 | トップページ | アン・ハサウェイとヒュー・ジャックマン、オスカー授賞式で共演 »

2013年3月17日 (日)

羽生結弦選手 世界選手権大会4位

フィギュア・スケートの世界選手権大会がカナダで行われ、

宮城県仙台市出身の18歳・羽生結弦選手が、

ショートで9位からフリーで巻き返し、

4位に入賞しました!

おめでとうございます!

今回は体調を崩していたり、怪我があったりと、

とても難しい状態でしたが、

よく4位にまで食い込む健闘を見せました

すごいとは思っていましたが、

やはり素晴らしい力を持っている選手です。

今回も、羽生選手に関する英語のニュースを探していましたが、

やはりけがなどで苦しんだせいもあってか、あまり見つかりませんでした。

また見つけ次第、アップしていきます。

その代りと言ってはなんですが、

↓の動画では、英語の解説に日本語訳つきですので、

英語を聞きながら字幕を追ってみると、

英語の勉強にもなっていいと思います

↑ 世界選手権フリーの動画

そしておまけとして、羽生選手インタビュー、

英語字幕付き↓です。

日本語と英語字幕を比べながら見ると、おもしろいですよ♪

↑羽生選手インタビュー  受け答えがしっかりしていて、本当に高校生?!

という感じ。自分のことを「俺」と言うのは以外(?!)でした

フリーの時は、本当に無理を押して出場して、

渾身の力で滑りきった!!というのが演技後に出ていますね!

でもね、やっぱり体調悪くて怪我もしてる時に、

無理してほしくなかったという気持ちもあって・・・

本人は負けず嫌いらしいですし(↑のビデオ参照)

出たかったと思うのですが、長い目で見て今故障したら、

来年のオリンピックに影響しないかな?という色んな思いもあって、

周りの大人たちは止めなかったのかな~?と疑問にも思います。

まだ高校生なんですし、故障から守ってやるのも、

大人の責任のように思ってしまうのですが、無理なものでしょうか

今は、この難しい状態でもやり切れた、ということを糧に、

さらなるステップに進んでいってもらえたら、と思います!

そして世界選手権、女子のほうは・・・

もうね、ネットでもたくさん出ているから、

ここで改めて言うまでもないかもしれませんが・・・

一言だけ言うなら・・・がっかり

3年前のバンクーバーとその後の世界選手権の時以来の、

気分の悪い結果でした。

あの時より、さらに点が異常に盛られているのがコワい。

まあ、すっ転んで途中でやめても130点だったら、

無難にやれば140点でしょうね・・・

4回転や3回転半を飛ぶ男子たちの中に入っても、

5位に入る高得点だったそうな。

私が浅田真央ちゃんだったら、本当にやってられないな~

ずっと簡単なプログラムをやっているのに、

どうしてあんなにてんこ盛りに点が加算されるの?

男子のほうは、バンクーバーで皆が4回転回避するようになったから、

ちゃんと難しい技には点をつけるようにして、競うようになったのに、

女子では全くそんなつもりは無いらしい。

もっと簡単なプログラムの選手のほうに山盛りに点をつけて

真央ちゃんが絶対にそれに勝つことができないように抑えられているみたい。

やっぱり採点競技って、政治力がものをいうところがあるから、

スポーツとして楽しみたい人にはと~ってもつまらない・・・

こないだもレスリングが、もっとマイナーな競技に負けて

オリンピック除外になる、という嫌なニュースが出たばかり。

この時も、レスリングのロビー活動不足が敗因とも言われていました。

フィギュアでも、他国は強力なロビー活動を行っているようですが、

日本なんて、ロビー活動が一番苦手な国ですからね。

真央ちゃんが3回転半も決めて調子がよくなってくると、

よそのロビー活動も活発になって、審判への影響力を増したりしてくるのに、

日本は打つ手なしなのでしょうね。

フィギュアなんて、審判のさじ加減で順位がどうにでも変わるというのに

それで真央ちゃんに「もっと練習して強くなれ」とか言っていたら、

アホくさくて笑っちゃう

そもそも採点基準があいまいだからまたストレスがたまります。

私は審判の誤審もスポーツの一部、と思っているくらい、

審判は間違いを犯すもの、と思っています。

ロンドン・オリンピックでも、柔道の海老沼戦が記憶に新しいですね。

サッカーでも幻のゴールや、ついこないだもファーガソン監督の

レッド・カードの判定への抗議もありました。

ジャンプの回転なんてあんな肉眼の限界を超えたスピードのものを、

間違いなく判定できるなんてありえない。

それなのに、フィギュアだと審判は匿名で、そのうえ、

選手やコーチからその場で抗議もできないのはおかしいですね。

少なくとも、ほかの競技を見ていると、著しく閉鎖的で、

選手側には不明瞭なことが多いシステムですよね・・・

今後は録画して、真央ちゃんや応援してる選手のところだけ見て、

順位の結果とか何も見ないで楽しんだほうがいいみたい。

ソチ・オリンピックも多分同じ結果になりそうだから見たくない

というのが正直な感想です。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

« 東日本大震災から2年: 海外ニュース 2 | トップページ | アン・ハサウェイとヒュー・ジャックマン、オスカー授賞式で共演 »

羽生結弦選手応援」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 羽生結弦選手 世界選手権大会4位:

« 東日本大震災から2年: 海外ニュース 2 | トップページ | アン・ハサウェイとヒュー・ジャックマン、オスカー授賞式で共演 »

BGM

  • ADELE / 25

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

東日本大震災支援

東日本大震災チャリティ

「あまちゃん」みんな見てけろ♪