Google

SHERLOCK(シャーロック)

ゲーム・オブ・スローンズ

glee / グリー ♪

ビッグバン★セオリー

  • シーズン3
  • シーズン2
  • シーズン1
無料ブログはココログ

サイト内記事検索

マイリンク

« 大島渚監督逝去: 海外ニュース | トップページ | glee 2 (17) 「ディーヴァの苦悩」 »

2013年1月20日 (日)

大島渚監督追悼: 海外ニュース

日本を代表する映画監督の一人である

大島渚監督が80歳で逝去されました。

このニュースはイギリスの

「ガーディアン」誌で、取り上げられ、

数本の特集記事が組まれていましたので、

今日はそのご紹介をします。

「ガーディアン」のような高級紙で

特集記事が組まれるとは、

やはり大島監督の名声がそれだけ高かった証ですね。

オンライン版「ガーディアン」には現在、昨日ご紹介した

Nagisa Oshima dies aged 80

のほかに、

Nagisa Oshima: provocateur and poet

と、

Nagisa Oshima obituary

の記事が載っています。

そのほか、私が注目したのは、

Nagisa Oshima – a career in clips

  大島渚―クリップ集に見るキャリア

の記事で、ここでは Youtube の動画とリンクして、

大島監督の発表作品を年代順に紹介しています。

これを見ると、 大島監督がどんな作品を撮ってきたのか、

一通り見ていくことができてお勧めです。

この記事では、リードの部分で

The renowned Japanese director, who died on 15 January, was best known for his explicit In the Realm of the Senses – but there was far more to his work than that. We take a look back at his career highlights

 その高名な日本人監督(=大島監督のこと)は、1月15日に亡くなったのだが、「愛のコリーダ」(英題:In the Realm of the Senses)の過激な性描写で最もよく知られているが、彼にはこれ以外にももっと多くの作品がある。彼のキャリアの主なものを振り返ってみよう。

  *renowned ・・・高名な、名高い

と書かれているように、「青春残酷物語」(1960年)、「新宿泥棒日記」(1969年)など、初期の作品も取り上げて紹介しています。

「戦場のメリークリスマス」(英題:Merry Christmas Mr Lawrence)の紹介の部分で興味深かったのは、以下のコメントです。

In retrospect, perhaps its most intriguing element was introducing future film director Takeshi Kitano to non-Japanese audiences.

 振り返ってみれば、この映画のもっとも興味深い要素は、将来の映画監督であるタケシ・キタノを日本人以外の観客たちに紹介したことだろう。

 *In retrospect・・・振り返ってみると
   intriguing・・・ 興味ある、おもしろい

これを読むと、たけしさんは海外では、

「映画監督」として広く認知されていることがよくわかりますね。

日本で考えられているよりずっと、海外では有名な映画監督である、

ということだと思います。

  ↑たけしさん、お若いです!!

この記事を書いたのは、「ガーディアン」のイギリス人の記者ですが、

大島監督の業績に造詣があり、きちんと年代を追って解説していることに

感銘を受けました。

それだけ、尊敬されている監督なんだということですね。

偉大な業績を残された大島監督のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

« 大島渚監督逝去: 海外ニュース | トップページ | glee 2 (17) 「ディーヴァの苦悩」 »

映画関連情報」カテゴリの記事

海外ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/554351/56588366

この記事へのトラックバック一覧です: 大島渚監督追悼: 海外ニュース:

» 英会話を聞き流すだけで? [英会話独学のヒント]
◇英会話習得のコツは続けられること◇英会話の習得は、一度に沢山よりも、とにかく毎日英語に接することが重要です。しかし、多くの人にとって、毎日英語の学習のための時間を確保することは難しいでしょう。また、英語の学習のために常に教材を一式持ち歩くことも面倒ですし、辞書やテキストなどはどこでも広げられるというわけにもいきませんね。このように、英会話の学習を挫折させる要因は、日常生活の中にはふんだんにあるものです。でも、通勤電車の中や、何かをしながらでも、耳だけなら使えると思いませんか..... [続きを読む]

« 大島渚監督逝去: 海外ニュース | トップページ | glee 2 (17) 「ディーヴァの苦悩」 »

BGM

  • ADELE / 25

最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

東日本大震災支援

東日本大震災チャリティ

「あまちゃん」みんな見てけろ♪