Google

SHERLOCK(シャーロック)

ゲーム・オブ・スローンズ

glee / グリー ♪

ビッグバン★セオリー

  • シーズン3
  • シーズン2
  • シーズン1
無料ブログはココログ

サイト内記事検索

マイリンク

« 空飛ぶレディー・ガガ?! | トップページ | glee 2 バーブラ・ストライサンドってどんな人? »

2013年1月31日 (木)

glee 2 (18) 「ボーン・ディス・ウェイ」

ここのところ毎週ビデオに撮って見ている

グリー 2

glee/グリー シーズン2 DVDコレクターズBOX

しかしすぐに見れなかったりして、だんだんビデオが溜まってきました

というわけで、2週前の放送ですが、

今日は第18回「ボーン・ディス・ウェイ」

 (原題: Born This Way )

そう、もちろん、

レディー・ガガ の

ボーン・ディス・ウェイ (スペシャル・エディション(2CD))

「ボーン・ディス・ウェイ」からのタイトルです

glee ではこれまでも何回か、レディー・ガガの曲が使われていますから、

それだけアメリカで絶大な人気を誇っているということでしょう。

今回のストーリーは、レイチェルの

nose job (鼻の整形)について。

ダンスの練習中にフィンとぶつかって、

鼻が折れてしまったレイチェルが、

この際整形するかどうか悩む、というのが発端。

前にもレイチェルの鼻の整形はネタにされていましたが、

そんなに大きいかな?

ともかく本人は大きくて悩んでいる、という設定です。

そんなレイチェルを見かねたシュー先生が課題で

「acceptance」(受け入れること)を選び、

レディー・ガガのことを

 the queen of self-love, Gaga

      「自己愛の女王、ガガ」

と紹介しています。そして

we gonna perform the anthem of acceptance, Born This Way.

   「受け入れること」の賛歌である「ボーン・ディス・ウェイ」をやるよ。

とグリーのみんなに言います。

  *anthem ・・・「賛歌」 national anthem は「国家」です。

でも、シュー先生が願っているようには、

思春期の子たちってなかなか自分のことを受け入れられません。

自分の鼻がなかなか受け入れられないレイチェルは、

クインにこんなことを聞いています。

So, what's it like? Looking like you look.

     あなたみたいに見た目がいいって、どんな感じ?

それにクインはこんなふうに答えます。

 I have pretty much warm sense to the world.

  Being a handsome teen year old, you could get away with whatever you want.

  You can kind of assume that people are always nice and accommodating.

        私には、世界はあたたかく感じるわ。

      かわいい10代の子でいるってことは、なんでも手に入るってこと。

      みんな親切で優しい、みたいに思っていいわよ。

ふ~ん・・・

と引くくらい 自分がカワイイことに自信たっぷり。

今回ついに、クインの過去が明かされるのです

レイチェルもクインも、自分を「受け入れる」ことができるのか?

そして、なんとカートもマッキンリー高校に帰ってきます!!

お帰り、カート やっぱりあなたは私服が似合う

もちろん今回も、たくさんのいい曲で楽しませてくれました。

私のお気に入りは、みんなで歌って踊る

ダック・ソースの Barbra Streisand

そして最後はもちろん、

レディー・ガガの Born This Way

みんなのTシャツに何が書いてあるのか、チェックするのが楽しいです

シュー先生の「Butt Chin」(ケツあご)Tシャツが泣けます。

 *butt は「ケツ」 (いい言葉じゃないので、あまり使っちゃダメです!)

シュー先生だったら、そのあごもチャーム・ポイントですよ

そしてサンタナの 「LEBANESE」(レバノン人)Tシャツも!

なぜヒスパニックのサンタナが「レバノン人」Tシャツを着てるのか?

それはブリトニーが「LESBIAN」(レズビアン)と間違えちゃったから

でもサンタナの self-acceptance (自分を受け入れること)は

まだまだ時間がかかりそうです・・・

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

« 空飛ぶレディー・ガガ?! | トップページ | glee 2 バーブラ・ストライサンドってどんな人? »

海外TVドラマ:glee / グリー」カテゴリの記事

コメント

Erikaさん、またまたこんばんは。
ビヨンセ、口パクでしたね~
告白記事を見ました。
上手いですね~って褒めるものではありませんが
この世界では一般的なこと、と開き直っていました

自分を受け入れること、何かと気にしやすい10代ではとくに難しいですよね。
自分を受け入れられないと他人も受け入れられない、とも思います。
年齢を重ねるにつれ、そのバランスが上手になっていければいいですよね

ひとみさん、コメントありがとうございました。
ビヨンセ!!
やっぱり口パクだったのですね~
非難することでもないけど、やっぱりちょっとがっかり
ビヨンセが素敵なアーティストというのは変わりがないことですが

自分を受け入れることって、やっぱり難しいですよね。
私も高校生の頃、レイチェルみたいに、
すごい美人だったら、世界はどんなだろう?とか、
思ったりしていたことありましたもん
こういう悩みは万国共通なんだな、って思いました

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: glee 2 (18) 「ボーン・ディス・ウェイ」:

« 空飛ぶレディー・ガガ?! | トップページ | glee 2 バーブラ・ストライサンドってどんな人? »

BGM

  • ADELE / 25

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

東日本大震災支援

東日本大震災チャリティ

「あまちゃん」みんな見てけろ♪