Google

SHERLOCK(シャーロック)

ゲーム・オブ・スローンズ

glee / グリー ♪

ビッグバン★セオリー

  • シーズン3
  • シーズン2
  • シーズン1
無料ブログはココログ

サイト内記事検索

マイリンク

« 羽生結弦選手、NHK杯制覇 | トップページ | 羽生結弦選手、全日本選手権制覇☆ »

2012年12月15日 (土)

glee 2 (13) ビーバー・フィーバー

シーズン2 も 相変わらず面白い

グリー 2 !!

第13回「ビーバー・フィーバー」では、

なぜサムが”ジャスティン・ビーバー”風の髪型で

シーズン2から参加してきたのか、が

明らかになります

やっぱり、このネタやりたかったのね~(笑)

そう、今回は、皆さん大好き、

ジャスティン・ビーバー

の楽曲たっぷりの回でした~。

離れてきたクインの心を取り戻すため、サムは

ジャスティン・ビーバーの曲を歌って

猛アピール

最初は「ビーバーなんて・・・」と抵抗を示していたメンバーも

やっぱりティーンのスーパー・アイドルである

ビーバー君の魅力には抗えず、

女子メンバーたちはサムにメロメロ・・・

やっぱり「baby」はみんな大好きなんだね~

すると、これにあやかろうと、男子メンバー

(アーティ、マイク、パック)も「ビーバー・バンド」に加入を希望!

全員がビーバー風のヘアスタイルとファッションで登場です

パック、本当に似合わない

もう、毎回笑わせてくれてありがとう

ビーバー・バンドによる 「Somebody to love」も最高でした。

こちらはいいビデオが無かったので、音源だけで失礼

ビーバー以外にもいい曲たっぷりでした

マイ・ケミカル・ロマンスの「Sing」もよかったですよ~

オリジナルのマイ・ケミカル・ロマンス のビデオはこちら

さて、今回もいいセリフがありました。

州大会で歌う楽曲を、オリジナルにするべきだ、

と主張して、総スカンを食ってしまったレイチェルに、

フィンが、そういうところがいいところ、と声をかけます。

Focused,  take no prisonoers.

 目標を決めて、突き進むところ。

take no prisoners

は直訳すると、「捕虜をとらない」ですが、

ここから「なりふり構わず突き進む」という意味になります。

「捕虜をとる」のは保険をかけて戦う、ということですからね。

そういうふうに突き進むレイチェルの姿に、

最後はこう言います。

Which might be making a come back.

 これでカム・バックできるかもね。

そう、今回はスーが暴れ者としてカム・バックし、

そしてレイチェルも、グリーの鼻つまみ女王様としてカム・バック?!

ますます次回も楽しみです!

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

« 羽生結弦選手、NHK杯制覇 | トップページ | 羽生結弦選手、全日本選手権制覇☆ »

海外TVドラマ:glee / グリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: glee 2 (13) ビーバー・フィーバー:

« 羽生結弦選手、NHK杯制覇 | トップページ | 羽生結弦選手、全日本選手権制覇☆ »

BGM

  • ADELE / 25

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

東日本大震災支援

東日本大震災チャリティ

「あまちゃん」みんな見てけろ♪