Google

SHERLOCK(シャーロック)

ゲーム・オブ・スローンズ

glee / グリー ♪

ビッグバン★セオリー

  • シーズン3
  • シーズン2
  • シーズン1
無料ブログはココログ

サイト内記事検索

マイリンク

« 塔の上のラプンツェル (7) 「光り輝き、光を放つ」(gleam and glow) | トップページ | 塔の上のラプンツェル (9) 「それがいいところ」(That’s the good part.) »

2012年3月 8日 (木)

塔の上のラプンツェル (8) 「冗談だろ」(You’ve got to be kidding me!)

本日も引き続き、

塔の上のラプンツェル

塔の上のラプンツェル

の英語を見ていきたいと思います。

ディズニー映画の特徴の一つだと思うんですが、
ヒロインが動物たちとお話しできる
というのがありますよね。
ラプンツェルの場合もその例にもれず、
いつも一緒のカメレオンのパスカルと、
そして宮殿の馬のマクシマス
お話をして協力しあっていくのです!

さて、映画のストーリーに戻ります。

フリン・ライダーの傷を治してあげて、
ラプンツェルフリン(本名・ユージーン)の間には、
恋心が芽生え始めたようです。

でもそこへ、お母さん(と思っている魔女)が
ラプンツェルの居所を突き止めて姿を現します。
無理やりラプンツェルを連れ帰ろうとする魔女に、
ラプンツェルは初めて「No!」と、
フリンが自分のことを好きみたいだから、
帰りたくない!と言うのです。

それを聞いた魔女は、
フリンが好意を見せているのは、
王宮から盗んだティアラを返してほしいからだ、
ティアラを返してしまえば、ラプンツェルを置いて
とっとと行方をくらましてしまうんだ!
と意地悪なことを言って姿を消します。

ラプンツェルは、そんなことはない・・・
と思いながらも、どこか不安。
でも、フリンのもとを離れずに、
翌日の朝になると・・・

フリンを追いかけてきた
王宮の誇り高き馬・マクシマスが、
ついにフリンを捕まえます!
そこに割って入ったのは、ラプンツェル
そして、あっという間にマクシマスを、
おとなしい犬のように手なずけてしまうのです!
う~ん。これぞ、ディズニーのプリンセス!
「すごくかわいい子よ!」
なんて言って、犬のようにかわいがりだします。
それを見たフリン・ライダー
こう言います。

You’ve got to be kidding me!
「冗談だろ!」

このセンテンス、日常会話でそのままよく使われます。
「冗談だろ」「嘘つけ」
みたいなニュアンスですね。
Are you kidding?
No kidding!

も似たような表現ですね。

そんなふうに、マクシマスを憎たらしいと思っている
フリンですが、ラプンツェルに頼まれて、
フリンマクシマス今日一日だけ、
仲良くする協定を結ぶことになるのです!

二人とも、ラプンツェルにかかると
おとなしく言うことを聞いてしまうのですね!

↓嫌々ながらも協定を結ぶフリンとマクシマス

<続く>

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

« 塔の上のラプンツェル (7) 「光り輝き、光を放つ」(gleam and glow) | トップページ | 塔の上のラプンツェル (9) 「それがいいところ」(That’s the good part.) »

ディズニー」カテゴリの記事

ファンタジー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/554351/54172696

この記事へのトラックバック一覧です: 塔の上のラプンツェル (8) 「冗談だろ」(You’ve got to be kidding me!):

« 塔の上のラプンツェル (7) 「光り輝き、光を放つ」(gleam and glow) | トップページ | 塔の上のラプンツェル (9) 「それがいいところ」(That’s the good part.) »

BGM

  • ADELE / 25

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

東日本大震災支援

東日本大震災チャリティ

「あまちゃん」みんな見てけろ♪