Google

SHERLOCK(シャーロック)

ゲーム・オブ・スローンズ

glee / グリー ♪

ビッグバン★セオリー

  • シーズン3
  • シーズン2
  • シーズン1
無料ブログはココログ

サイト内記事検索

マイリンク

« トロン:レガシー (6) 「うまくいった」(Made it.) | トップページ | レディー・ガガ ワークショップ at バーニーズ! »

2011年11月21日 (月)

トロン:レガシー (7) 「~のサービス」(courtesy of ~)

本日も引き続き、

トロン:レガシー
TRON:LEGACY         

の英語を見ていきたいと思います。

この作品で注目!の俳優さんたちは、
もちろん主役の二人もそうなのですが・・・
脇役のズース役で強烈な印象を残した
マイケル・シーン

220pxbifasheen

も大注目ですね☆
映画館で見たときもひとりだけイギリス英語だし、
格好も強烈だし、圧倒的に目を引きました。

英語版ウィキペディアによると、
本国イギリスでは舞台を中心に活動して、
相当の実績も残しているようです。
確かに、ズースの動きは舞台っぽかったですね。
しかも、以前はケイト・ベッキンセールと交際し1児をもうけ、
今はレイチェル・マクアダムズと交際中!!
ってそんな美人女優ばかり・・・
むむむ、かなりのモテ男のようです!
これから、日本でも人気が出るかも?!

   ↓注目のズース登場シーン。ダフト・パンクの姿も見えます!

さて、
クオラに連れられて、父・ケヴィンの隠れ家にやってきたサム
ここで20年ぶりに、父との再会を果たします。
この時のジェフ・ブリッジスの存在感はさすが!
感動の再会シーンとなっています。

久しぶりに会った父親から、
デジタル世界の新しい生命体・ISO(アイソー)と、
それを排除したいクルーがクーデターを起こしたこと、
そして、クルーが自分のディスクを使って現実世界へ進出しないよう、
ここで息をひそめて生活していることなどを教えられます。

しかし、若いサムは行動を起こさない父親に反発。
父が行動を起こさないなら、自分だけでもポータルから外へ出て、
外から父を助け出そうとします。
そんな彼に、クオラは昔、ISOのために戦った
ズースのもとを訪ねるように告げます。

父にだまって抜け出して、すぐにもズースのもとへ向かったサム
ズースは、キャスターと名を変えて、
クラブ「エンド・オブ・ライン」の経営者となっていましたが、
サムが訪ねていくと、すぐにケヴィンの息子であることに気が付きます。
ズースを訪ねてきた他の反乱勢力のプログラムたちに、
彼と話がある、と言ってサムを特別室に連れて行きます。

そのとき、他のプログラムたちにこんなふうに言っています。

But have a drink.
Courtesy of the End of Line Club.!

「飲んでくれ。
エンド・オブ・ライン・クラブからのサービスだ!」

“(by)courtesy of~”
「~の好意で」「~のおかげで」などという意味です。
ここでは、お店からのサービスで、飲み物を出しますよ
という意味で使っています。
courtesy は本来 「礼儀」「丁重な行為」などを指します。
そこから「丁寧なサービス」という意味にも使われるのですね。

というふうに、ここまではとっても親切なキャスターことズース。
しかし実際は、すでにクルーに寝返っていたのです・・・
このあと、クルーの軍隊が攻め込んできて、
サムを助けようとクオラ、そしてケヴィンも現れ、
いっしょにポータルを目指していくことになります!

ここから先は、クライマックスになっていくので、
トロン:レガシーの回は本日でおしまいです。
続きはぜひ、DVDなどでどうぞ!
作品全体的にセリフが少なめですが、
英語学習者にはそれもありがたい作品です。
(マシンガン・トークのリスニングは大変ですからね・・・)
そしてもちろん、英語学習以外にも、
映像の美しさや音響などをたっぷり楽しめる作品で、
お勧めです!
トロン 3 の制作も決まっているようですので、
サムとクオラの今後など、楽しみですね!

<終わり>

*****作品データ*****

トロン:レガシー

2010年 アメリカ映画

監督 ジョセフ・コシンスキー
音楽 ダフト・パンク

サム・フリン: ギャレット・ヘドランド
ケヴィン・フリン/クルー: ジェフ・ブリッジス
クオラ: オリヴィア・ワイルド
アラン・ブラッドリー/トロン: ブルース・ボックスライトナー

« トロン:レガシー (6) 「うまくいった」(Made it.) | トップページ | レディー・ガガ ワークショップ at バーニーズ! »

SF」カテゴリの記事

ディズニー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トロン:レガシー (7) 「~のサービス」(courtesy of ~):

« トロン:レガシー (6) 「うまくいった」(Made it.) | トップページ | レディー・ガガ ワークショップ at バーニーズ! »

BGM

  • ADELE / 25

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

東日本大震災支援

東日本大震災チャリティ

「あまちゃん」みんな見てけろ♪