Google

SHERLOCK(シャーロック)

ゲーム・オブ・スローンズ

glee / グリー ♪

ビッグバン★セオリー

  • シーズン3
  • シーズン2
  • シーズン1
無料ブログはココログ

サイト内記事検索

マイリンク

« トロン:レガシー (5) 「そういうことか」(That’s how it is.) | トップページ | トロン:レガシー (7) 「~のサービス」(courtesy of ~) »

2011年11月20日 (日)

トロン:レガシー (6) 「うまくいった」(Made it.)

本日も引き続き、

トロン:レガシー
TRON:LEGACY         

の英語を見ていきたいと思います。

トロン:レガシーで一躍スターの座にのしあがった・・・
というのは、先に書いた
サム役ギャレット・ヘドランド もそうなのですが、
なんといっても、
クオラ役オリヴィア・ワイルド!

Mv5bmtqxntk1mtgzov5bml5banbnxkftztc

早くも超大作のヒロインとして活躍する女優さんになっています。
最新作『カウボーイ&エイリアン』では、
ダニエル・クレイグ
そして
ハリソン・フォード!
を相手に、ヒロインを演じています!!
まさに大出世!
トロン:レガシーの予告編の時から、
ひときわ目を引く美しさと存在感でしたもんね、
オリヴィア・ワイルド
これからさらに活躍していってもらいたいと思います☆

さて、
父の残したオフィスから、
レーザーで「グリッド」の世界に送られてしまったサム。
「ディスク・ウォーズ」に参加させられるのですが、
ゲームが得意な才能を生かして、
勝利を重ねていきます。
しかし、最後に現れた強敵リンズラーに倒されて、
父が分身として造りだしたクルー
「ライト・サイクル」で生き残りをかけて戦うことになってしまいます。

バイクが得意なサムは、他のプログラムたちと力を合わせ
何とか戦っていきますが、やはりじわじわと不利な状況に追い込まれます。
ついに、自分のライト・サイクルを倒されて、
身一つでクルーと対決することになるのですが・・・

そこへ、どこからともなく現れた車が一台。
クルーのサイクルを倒して、
サムの前にやってきて、運転手はサムに
“Get in.” 「乗れ」と言います。

とまどうサムですが、すぐにリンズラーたちがやってくるので、
あわてて車に飛び乗ります。
すると、車はリンズラーたちに防戦しながら、
ゲームの会場から一気に脱出していきます。

そこで運転手がサムに一言。

Made it.
「うまくいった。」

“make it”
「うまくいく」「なしとげる」などという意味で、
たとえば、どこかに誘われたとき
“I can’t make it today.”
「今日は無理。」

というような場合や、友達を励ます時に
“You can make it.”
「やれるよ。」

とも使うことができ、色々便利な表現です。

つまり、ここで運転手は「脱出成功」ということを
サムに言っているのです。
そしてヘルメットを取った運転手は・・・
もちろん、謎の美女・クオラ!!
突然現れたこの美女に、サムも驚きを隠せません・・・

<続く>

*****作品データ*****

トロン:レガシー

2010年 アメリカ映画

監督 ジョセフ・コシンスキー
音楽 ダフト・パンク

サム・フリン: ギャレット・ヘドランド
ケヴィン・フリン/クルー: ジェフ・ブリッジス
クオラ: オリヴィア・ワイルド
アラン・ブラッドリー/トロン: ブルース・ボックスライトナー

« トロン:レガシー (5) 「そういうことか」(That’s how it is.) | トップページ | トロン:レガシー (7) 「~のサービス」(courtesy of ~) »

SF」カテゴリの記事

ディズニー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トロン:レガシー (6) 「うまくいった」(Made it.):

« トロン:レガシー (5) 「そういうことか」(That’s how it is.) | トップページ | トロン:レガシー (7) 「~のサービス」(courtesy of ~) »

BGM

  • ADELE / 25

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

東日本大震災支援

東日本大震災チャリティ

「あまちゃん」みんな見てけろ♪