Google

SHERLOCK(シャーロック)

ゲーム・オブ・スローンズ

glee / グリー ♪

ビッグバン★セオリー

  • シーズン3
  • シーズン2
  • シーズン1
無料ブログはココログ

サイト内記事検索

マイリンク

« Bjork is Back!! ビョークが帰ってきた! | トップページ | トロン:レガシー (2) 「発売する」(hit the shelves) »

2011年11月 1日 (火)

トロン:レガシー (1) 「おごるよ」(~is on me)

本日からまた久しぶりに、映画を見て行こうと思います。

久しぶりに見るので気合を入れて選んだ一本は・・・

トロン:レガシー

TRON:LEGACY

に決定!!


この作品は公開時に劇場で見たのですが、
もう一度じっくり見たいと思っていたのです☆

なんといっても映像が圧倒的に美しい!
(CGの進化ってすごいね、とため息)
劇場では3Dで見ましたが、家で2Dで見ても
十分見ごたえのある映像です♪

俳優陣でいうと、もちろん目玉はジェフ・ブリッジス
いつ見ても最高っです!存在感がすごいんです。

そしてなんといっても
ダフト・パンクの音楽がすご~くかっこいい!


また、実は「ディズニー映画」であるこの作品。
汚い言葉やスラングが連発されることはありませんので、
英語の学習者にとっても、ありがたい作品であるとも言えます。

ということで、トータルでかなりおすすめな映画です!

予告編


さて、この映画の設定は、
前作の「トロン」から時は流れ、1989年からスタートします。
(このオープニング部分は見どころの一つ。
どうやって撮ったんだろう?技術の進歩ってすごい!)
前作の主人公、ケヴィン・フリンにはすでに息子・サムがいます。
(奥さん誰なんだろう・・・と前作を観た後で思うのですが、
出てこないんですねえ)

ある晩、寝る前の息子に、ケヴィンはグリッドの話を聞かせてあげます。
(ここらへんで、前作のお話の復習にもなっているんですね)
そして、夜にもう一度仕事をするために、ケヴィンは再び会社に向かおうとします。

一緒に行きたがる息子・サムに、
今度ゲーム・センターに連れて行ってあげるから、となだめるケヴィン。

その時、こんなふうに言っています。

First game’s on me.
最初のゲームは俺のおごりだよ。

“~is on me.”
で「~は自分のおごり」という表現になるんですね。
友達と飲みに行くときなどにも、ちょっと便利なこの表現。
It’s on me!
などと言って、たまにはおごったりするのもいいですよね!

ケヴィンもこんなふうに、
息子サムを納得させて出かけていくわけです。

この時に、後でキーになってくる、
サム: Can we play doubles?
On the same team?

      ダブルスできる?同じチームで?
ケヴィン: We are always on the same team.
       いつだって同じチームだよ。
という会話が交わされていきます。

しかし、この出かけて行った後にケヴィンは・・・
この続きはまた次回!

<続く>

*****作品データ*****

トロン:レガシー

2010年 アメリカ映画

監督 ジョセフ・コシンスキー
音楽 ダフト・パンク

サム・フリン: ギャレット・ヘドランド
ケヴィン・フリン/クルー: ジェフ・ブリッジス
クオラ: オリヴィア・ワイルド
アラン・ブラッドリー/トロン: ブルース・ボックスライトナー


« Bjork is Back!! ビョークが帰ってきた! | トップページ | トロン:レガシー (2) 「発売する」(hit the shelves) »

SF」カテゴリの記事

ディズニー」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!
「トロン:レガシー」なかなか良く出来ていましたね~!
私は第一作を劇場で鑑賞した口なので、懐かしの「トロン」の世界観が最新の技術で甦っていたのに感動しました。
しっかし・・・最近のCGって、どんな事でもできちゃいますね!

さて・・・
~is on me.で「~は自分のおごり」・・・ですね!
来週の旅行で使わせていただきます!^^

ぴろQさん、おひさしぶりです!
最近忙しくてなかなか更新できていなかったのですが、これからも気長によろしくお願いします☆

私は「トロン:レガシー」を見てから、第一作をDVDで見たので、今こうして「トロン:レガシー」を見ると、改めて「ああ、こういうことだったのか」と気づくことが多いです

第1作と比べると、本当にCGの進歩、恐るべしです~

"It's on me!" ぜひご旅行で使ってくださいね

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トロン:レガシー (1) 「おごるよ」(~is on me):

» トロン:レガシー [なんだらかんだら]
原題:Tron: Legacy 2010年作品。評判がイマイチだったんで期待しな [続きを読む]

« Bjork is Back!! ビョークが帰ってきた! | トップページ | トロン:レガシー (2) 「発売する」(hit the shelves) »

BGM

  • ADELE / 25

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

東日本大震災支援

東日本大震災チャリティ

「あまちゃん」みんな見てけろ♪