Google

SHERLOCK(シャーロック)

ゲーム・オブ・スローンズ

glee / グリー ♪

ビッグバン★セオリー

  • シーズン3
  • シーズン2
  • シーズン1
無料ブログはココログ

サイト内記事検索

マイリンク

« レディー・ガガ: ニュー・シングル You and I ライブ映像 | トップページ | ヘラクレス (5) 「実地試験」(road test) »

2011年8月16日 (火)

ヘラクレス (4) 「最後までやり抜く」(go the distance)

すこし間が空いてしまいましたが、
本日も引き続き、
ディズニー・アニメーションの名作

ヘラクレス
Hercules

の英語を見ていきたいと思います。

さて、
父ゼウスに再会し、
再びオリンポスへ帰るため、
本物の英雄となる修行を積む決心をした
ヘラクレス!

ピロクテテスのもとで訓練を受けようと探しに行くのですが・・・

言われた場所に行って出会ったのは、
小さなサテュルス(半分ヤギで半分人間)で、
ニンフたちを追いかけて鼻の下を伸ばしている男。

でも、この男に、
ピロクテテスを探してる」というと、
フィルと呼んでくれ」
と返事をする・・・ということは、これがピロクテテス!!

本人が説明するには、
確かに、多くの英雄たちをトレーニングして、
育ててきた、と。

しかし・・・そういった英雄たちも、
フィルのトレーニングをやり遂げることができなかった、
とも言うのです。

None of them, could go the distance.
「彼らの誰も、やり遂げることはできなかった。」

go the distance
は、スポーツなどで、最後までやり抜く、という意味。
たとえばボクシングなら最終ラウンドまで戦う、というように。

つまり、フィルの訓練は厳しいので、
誰も、神々と肩を並べる英雄にまで成長しなかった、
ということを言っているのです。

しかし、ヘラクレスはなんとしても、
フィルに教わって、神々と共に住む英雄になりたい!

I can go the distance!
「僕はやり抜くことができるよ!」

フィルを説得します。

このセリフが、この映画の主題歌
I can go the distance

(日本語版では「ゴー・ザ・ディスタンス」
のタイトルの意味なのですね。

そうして、ついにフィルのもとで、トレーニングを開始した
ヘラクレス!!
訓練は見事成功するのでしょうか?!

<続く>

**作品データ**

「ヘラクレス」  Hercules

1997年 アメリカ映画
ディズニー・アニメーション
1時間32分

出演(声)
ヘラクレス/テイト・ドノヴァン
ヘラクレス(少年時代) / ジョシア・キートン
メガラ(メグ) / スーザン・イーガン
ピロクテテス (フィル) / ダニー・デヴィート

Amazonの「ヘラクレス」のページ

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

« レディー・ガガ: ニュー・シングル You and I ライブ映像 | トップページ | ヘラクレス (5) 「実地試験」(road test) »

ディズニー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヘラクレス (4) 「最後までやり抜く」(go the distance):

« レディー・ガガ: ニュー・シングル You and I ライブ映像 | トップページ | ヘラクレス (5) 「実地試験」(road test) »

BGM

  • ADELE / 25

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

東日本大震災支援

東日本大震災チャリティ

「あまちゃん」みんな見てけろ♪