Google

SHERLOCK(シャーロック)

ゲーム・オブ・スローンズ

glee / グリー ♪

ビッグバン★セオリー

  • シーズン3
  • シーズン2
  • シーズン1
無料ブログはココログ

サイト内記事検索

マイリンク

« 『トロン』 (2)-「準備万端」(all set) | トップページ | 『トロン』 (4)-「余計なお世話」(uncalled) »

2011年1月 5日 (水)

『トロン』 (3)-「やった!」(Way to go!)

ひきつづき、
『トロン』 (1982年版) ” Tron”
より。

この映画の続編『トロン・レガシー』 インタビュー集

クオラ役のオリヴィア・ワイルド、かわいいです!

さて、
プログラム「トロン」を開発中のアラン
完成目前で、会社のシステムに
アクセス禁止にされてしまいます。

納得いかないアランですが、
これにケヴィンが関係しているのではないかと思い、
ガールフレンドのローラと共に、
ケヴィンの経営するゲームセンターに向かいます。

このゲームセンターは、『トロン・レガシー』で、

重要な役割を果たすのですよね!

その車の中での2人の話によると、
どうもローラは、
アランと付き合う前に
ケヴィンと付き合っていたみたい。
複雑な三角関係だったのですね!

ゲームセンターに着くと、
ケヴィンは自分が開発したゲーム
“Space Paranoid”
に熱中しています。

彼の周りには人だかりが。
どうやら、ゲームの高得点記録を
ケヴィンが塗り替えていて、
周りの人たちが騒いでいる模様。
自分が開発したゲームだから、
当たり前ですよね!

でも周りの人たちは、ケヴィンがどんどん
高得点を更新していくことに大興奮!
ついに最後の敵をやっつけて、
最高記録をたたき出した瞬間に、
周りのヤジウマの中から、
こんな声が。

“Way to go!”

え?進むべき道?
と直訳すると分かりませんが、
これは興奮したり、激しく喜んだりしているときに、
「やったぞ!」「いいぞ!」
という意味で使われる表現。

周りの人たちは、
ケヴィンの大記録に
「よくやった!」
と声をかけていてくれているのですね。

それにしても、
このゲームも歴史を感じさせるレトロなもの。
この時代に
Wiiとかプレステとかを
タイムスリップして持っていったら、
みんなびっくりするんだろうな、

なんて思ったりして、面白いです。

今の私たちの使っている技術も、
数十年後の人たちが見たら、
「何それ?」
って笑っちゃうようなものなんでしょうけどね!

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

« 『トロン』 (2)-「準備万端」(all set) | トップページ | 『トロン』 (4)-「余計なお世話」(uncalled) »

SF」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『トロン』 (3)-「やった!」(Way to go!):

« 『トロン』 (2)-「準備万端」(all set) | トップページ | 『トロン』 (4)-「余計なお世話」(uncalled) »

BGM

  • ADELE / 25

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

東日本大震災支援

東日本大震災チャリティ

「あまちゃん」みんな見てけろ♪