Google

SHERLOCK(シャーロック)

ゲーム・オブ・スローンズ

glee / グリー ♪

ビッグバン★セオリー

  • シーズン3
  • シーズン2
  • シーズン1
無料ブログはココログ

サイト内記事検索

マイリンク

« 「かいじゅうたちのいるところ」 (6) pick one’s nose | トップページ | 「かいじゅうたちのいるところ」 (8) tickle »

2010年11月17日 (水)

「かいじゅうたちのいるところ」 (7) wait up

引き続き、
スパイク・ジョーンズ監督作、
『かいじゅうたちのいるところ』
原題 ”Where the wild things are”

より。

かいじゅうたちのいるところ [DVD]

マックスはKWとも話しをして親しくなります。
家族から離れていったKWと、
お母さんとケンカをして飛び出てきたマックスは
どこか似ているところがあるのかもしれません。

でも、マックスが来たおかげで、
KWはまた家族と一緒になって、
皆で山のように重なり合って寝ることになりました。

これはマックスが皆の仲を取り持った、
ということみたいです。

その翌日、
マックスが目を覚ますと、
キャロルの背中に揺られていました。
キャロルは見せたいものがあるので、
マックスを連れて行きたいとのこと。

2人はひたすら歩き、
森の中を抜け、
砂丘を歩いていきます。
この砂丘の風景は本当にキレイ!
映画の中でも1,2を争う美しさ。

その砂丘を抜けると、今度は岩山へ。

すたすた歩くキャロルに、
マックスはついて歩くことができず、
こう叫びます。

“Carol, wait up for me!”
「キャロル、追いつくまで待って!」

“wait up”

「(歩くペースを落として、あるいは立ち止まって)
追いつくのを待つ」
という表現です。
ただの ”wait” じゃなくて、
自分が追いつくまで待ってほしい、
というニュアンスが込められています。

この表現を映画の中で
マックスは何度か使います。

かいじゅうたちが大きいので、
マックスはいつも追いつくのが大変なんですね!

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

« 「かいじゅうたちのいるところ」 (6) pick one’s nose | トップページ | 「かいじゅうたちのいるところ」 (8) tickle »

ファンタジー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/554351/50037268

この記事へのトラックバック一覧です: 「かいじゅうたちのいるところ」 (7) wait up:

« 「かいじゅうたちのいるところ」 (6) pick one’s nose | トップページ | 「かいじゅうたちのいるところ」 (8) tickle »

BGM

  • ADELE / 25

最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

東日本大震災支援

東日本大震災チャリティ

「あまちゃん」みんな見てけろ♪