Google

SHERLOCK(シャーロック)

ゲーム・オブ・スローンズ

glee / グリー ♪

ビッグバン★セオリー

  • シーズン3
  • シーズン2
  • シーズン1
無料ブログはココログ

サイト内記事検索

マイリンク

« 「感心した」(impress)-『ボーンズ』(”Bones”) シーズン1第2話 (8) | トップページ | 「ページの端を折る」(dog-eared)-『ボーンズ』(”Bones”) シーズン1第2話 (10) »

2010年11月 6日 (土)

「巧妙に」(subtle)-『ボーンズ』(”Bones”) シーズン1第2話 (9)

少し間があいてしまいましたが・・・
引き続き、人気テレビシリーズ『ボーンズ』
シーズン1第2話「自爆テロリストの真実」
(原題”The man in the S.U.V.”「SUV車に乗った男」)

より

さて、
次々とマズルク爆殺事件の新たな証拠を
つかんでいくブレナン博士のチーム
マズルクは毒物(ダイオキシン)を盛られていた、
という事実が判明し、また事件は大きく動きます。

ブースはマズルクを毒殺しようとした犯人として、
妻の愛人が一番怪しいとにらみ、
彼に接触を試みます。

しかし、妻の愛人は
Homeland Securityのために働いているので、
ブースは上司から彼に接触することを
禁じられている・・・
そこでブースはブレナン博士を前面に立てる
という作戦に出ます。

つまり、愛人に接触しているのは
自分じゃなくてブレナン博士だ・・・
という言い訳をするつもり。

さあ、
職場の近くで愛人との接触に成功。
事件についての質問を始める博士。

強力を拒む彼に、
博士はすかさず、厳しい質問を浴びせます。
6月はじめに、マズルクに毒物を盛ったのか?と。

するとブースは手出しが出来ないものだから、
後ろから一言。

“Subtle.”
「巧妙にな。」

“subtle”

「わずかな」「かすかな」
という意味でよく使われていますが、
人の感覚や能力について
「鋭い」「頭の切れる」「巧妙な」、
という意味でも使われます。

つまり、ここでブースは、
愛人が「巧妙に」マズルクに毒を盛ったんじゃないのか?
と畳み掛けているのですね。

それにしても、
いかついブースが、
ブレナン博士を盾にして、
後ろから合いの手を入れている姿は、
ちょっと笑えます!

しかも、ブレナン博士は、
非協力的な愛人を吹っ飛ばしてしまうんですから、
ブースは出る幕無し?!
でも本人、それを喜んでいるよう!
そういうところが、ブースの憎めないところですよね

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

« 「感心した」(impress)-『ボーンズ』(”Bones”) シーズン1第2話 (8) | トップページ | 「ページの端を折る」(dog-eared)-『ボーンズ』(”Bones”) シーズン1第2話 (10) »

海外TVドラマ:BONES -骨は語る-」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

» 英語を書き取る練習 [英会話独学のヒント]
◇英語のディクテーション◇ディクテーションとは、聞き取った英語を書き取っていくトレーニング方法です。このディクテーションで重視されているのは、英語の意味を捉えることよりも、発音を正確に聞き取ることです。具体的なトレーニング方法は、紙と筆記用具を用意し、英語の音声教材を流します。センテンスの区切りで音声をストップし、今聞いた英語を紙に書き取ります。書き取り終えたら、続きの音声を流し、またセンテンスの切りの良いところで音声を止め、聞き取った英語を書き取ります。これを繰り返します。..... [続きを読む]

« 「感心した」(impress)-『ボーンズ』(”Bones”) シーズン1第2話 (8) | トップページ | 「ページの端を折る」(dog-eared)-『ボーンズ』(”Bones”) シーズン1第2話 (10) »

BGM

  • ADELE / 25

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

東日本大震災支援

東日本大震災チャリティ

「あまちゃん」みんな見てけろ♪