Google

SHERLOCK(シャーロック)

ゲーム・オブ・スローンズ

glee / グリー ♪

ビッグバン★セオリー

  • シーズン3
  • シーズン2
  • シーズン1
無料ブログはココログ

サイト内記事検索

マイリンク

« 「安心する」(feel secure)-『ボーンズ』(”Bones”) シーズン1第2話 (7) | トップページ | 「巧妙に」(subtle)-『ボーンズ』(”Bones”) シーズン1第2話 (9) »

2010年10月30日 (土)

「感心した」(impress)-『ボーンズ』(”Bones”) シーズン1第2話 (8)

引き続き、人気テレビシリーズ『ボーンズ』
シーズン1第2話「自爆テロリストの真実」
(原題”The man in the S.U.V.”「SUV車に乗った男」)

より

さて、
アンジェラたちは話すことはいつも
ブレナン博士とブースはどうなのか?
っていうような、ゴシップが大好きなんですけれども。

仕事ももちろん、すごくできます!

マズルクの骨が毒物の影響を受けた可能性を見つけ、
今度はその毒物の特定に取り掛かります。

こうなってくると、ブースには全く分からない世界。
きょとんとするばかりですが・・・

ついにブレナン博士のチームは、
マズルクの体内に残っていた
ダイオキシンを見つけます!
これで毒物が特定された!

博士たちの見事な手腕に、
ブースは唖然とするばかり。

そんなブースに、アンジェラは一言、
こう言います。

“Impressed?”
「感心した?」

“impress”
「印象付ける」「感じ入らせる」
という意味で、
”(be) impressed”

「印象を受けた」「感心した」
という表現になります。

つまり、アンジェラは、
ブースに向かって、
博士たちの仕事ぶりに感銘を受けたのでしょ?
と言っているのです。

もちろん、ブースは素直に
そうだ、とは言わないですけどね・・・

「スクインツ」 
“squints”
(目を細める人たち
=ブースが科学者たちを馬鹿にして言う呼び方
)
が優秀で、自分の捜査をすごく
助けてくれているなんて・・・
素直に認められない!

でも、アンジェラの言うとおり、
そう思っているのは間違いないようです。

それにしても、
ブース役のデビッド・ボレアナズはいい味です!
決してハンサムというわけではないけれど
(ごめん!)
どこか憎めないし、愛嬌もあるし。
ボレアナズとは変わった名前ですが、
父親がイタリア系のようです。
そうか、イタリア男の血がそうさせるのか。
ブレナン博士が気になってしまうのも
仕方ないかも?!

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

« 「安心する」(feel secure)-『ボーンズ』(”Bones”) シーズン1第2話 (7) | トップページ | 「巧妙に」(subtle)-『ボーンズ』(”Bones”) シーズン1第2話 (9) »

海外TVドラマ:BONES -骨は語る-」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

» 英会話の独学 [英会話独学のヒント]
◇英会話は独学で学べるのでしょうか◇海外留学や海外出張をせずに、日本国内において英会話を独学で身につけることは可能なのでしょうか。結論としては、可能です。国内での独学で、英会話能力を身につけた人たちはたくさんいます。一方、海外留学をしても、英会話能力を高めることができずに帰国した人たちは、さらに多くいます。これはに、留学しても、一人で過ごすことや、同国人と日本語で過ごしてしまうことが多く、外国語を使わざるを得ない状況は、積極的に作らなければならない、という現実があります。結局..... [続きを読む]

« 「安心する」(feel secure)-『ボーンズ』(”Bones”) シーズン1第2話 (7) | トップページ | 「巧妙に」(subtle)-『ボーンズ』(”Bones”) シーズン1第2話 (9) »

BGM

  • ADELE / 25

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

東日本大震災支援

東日本大震災チャリティ

「あまちゃん」みんな見てけろ♪