Google

SHERLOCK(シャーロック)

ゲーム・オブ・スローンズ

glee / グリー ♪

ビッグバン★セオリー

  • シーズン3
  • シーズン2
  • シーズン1
無料ブログはココログ

サイト内記事検索

マイリンク

« 『アリス・イン・ワンダーランド』(8) tower over | トップページ | 『アリス・イン・ワンダーランド』(10) wishful thinking »

2010年9月11日 (土)

『アリス・イン・ワンダーランド』(9) um

引き続き、『アリス・イン・ワンダーランド』(”Alice in Wonderland”)より

アリス・イン・ワンダーランド [DVD]

↓、『アリス・イン・ワンダーランド』公式ホームページ

http://www.disney.co.jp/movies/alice/index2.html

勇敢なアリスは
危険もかえりみず、
赤の女王の城へ侵入します。

アリスは、
とっさに自分の名前を偽って、
自分が彼女に対抗しようとしている
アリスである、ということを隠します。

その時使った名前が
“Um” 。
日本語に訳すると
「え~っと」「う~ん」
というふうに、
すぐに言葉が出てこないときに使われます。

「それは誰だ?」
と聞かれた白ウサギが、
アリスを守ろうとして
とっさに別の名前を言おうとして、
でもすぐに出てこなくて
“Um…”
「え~っと」
と言いよどんだのを、
そのまま名前にしたのです。

“Umbridge”村から来た
“Um”です、
と。

だから、すごくおかしな名前。

ハートのジャックがアリスを見て、
赤の女王に名前を尋ねたとき、
赤の女王が
“Um”
と答えたので、
ジャックは女王が
「え~っと(何だっけ)」
と考えているのだと思い、

“I believe your name has slipped the Queen’s mind.”
「女王はお前の名前をお忘れのようだな」
と言ってしまいます。

しかし、アリスの名前が
“Um”
だと思っている女王は
「え~っと」
と、言った訳ではないので、

“Her name is Um, idiot!”
「彼女の名前が ”Um” なのだ、バカめ!」

と怒鳴られてしまいます。

彼には罪はないのにね。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ
にほんブログ村

« 『アリス・イン・ワンダーランド』(8) tower over | トップページ | 『アリス・イン・ワンダーランド』(10) wishful thinking »

ファンタジー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/554351/49389430

この記事へのトラックバック一覧です: 『アリス・イン・ワンダーランド』(9) um:

« 『アリス・イン・ワンダーランド』(8) tower over | トップページ | 『アリス・イン・ワンダーランド』(10) wishful thinking »

BGM

  • ADELE / 25

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

東日本大震災支援

東日本大震災チャリティ

「あまちゃん」みんな見てけろ♪