Google

SHERLOCK(シャーロック)

ゲーム・オブ・スローンズ

glee / グリー ♪

ビッグバン★セオリー

  • シーズン3
  • シーズン2
  • シーズン1
無料ブログはココログ

サイト内記事検索

マイリンク

« 『アリス・イン・ワンダーランド』(7) muchness | トップページ | 『アリス・イン・ワンダーランド』(9) um »

2010年9月10日 (金)

『アリス・イン・ワンダーランド』(8) tower over

引き続き、『アリス・イン・ワンダーランド』(”Alice in Wonderland”)より

アリス・イン・ワンダーランド [DVD]

↓、『アリス・イン・ワンダーランド』公式ホームページ

http://www.disney.co.jp/movies/alice/index2.html

19歳になったアリスは
勇敢で意思の強い女の子になっていました。

自分のために捕まってしまった
マッド・ハッターを助けるため、
赤の女王の居城に侵入します。

赤の女王を演じるのは、
バートン監督のパートナーでもある
ヘレナ・ボナム・カーター。

この映画では、
奇妙なメイクアップの
巨大な頭を持つ女王に
映像加工され・・・
ああ・・・
イギリスが誇る
演技派美人女優がなんと言う姿に!

でも、この変てこな姿の役も、
楽しそうに演じているように見えて、
さすが、バートン監督のよき理解者、
と大物ぶりに感心するばかりです。

赤の女王の庭園で、
再び、
巨大な姿に変身したアリス。

女王に見咎められ、
実は最近すごく背が伸びてしまって・・・
と作り話を始めます。
自分はアンブリッジという村にいたのだ、と。
あまりに大きくなって、
“I tower over everyone in Umbridge.”
「アンブリッジで、村人みんなの上にそびえ立ってしまって」、
みんなに笑われてしまったのだと。

“tower”
は動詞で使われると、
「高くそびえる」「そびえたつ」
という意味になります。
“He seemed to tower over everyone else.”
「彼は誰よりも抜きん出て背が高い」
というように使われます。

大きくなるケーキを食べて、
突然巨大化したアリス。
当然ながら
“tower over everyone”
なわけです。

ところで、このケーキ、
“Upelkuchen”「アッペルクーヘン」
という名前なんですね。
おいしそう!
一度食べて、大きくなってみたいなあ~
でも、着るものが無くて困っちゃうみたいですけどね!

↓予告編動画

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ
にほんブログ村

« 『アリス・イン・ワンダーランド』(7) muchness | トップページ | 『アリス・イン・ワンダーランド』(9) um »

ファンタジー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/554351/49389237

この記事へのトラックバック一覧です: 『アリス・イン・ワンダーランド』(8) tower over:

« 『アリス・イン・ワンダーランド』(7) muchness | トップページ | 『アリス・イン・ワンダーランド』(9) um »

BGM

  • ADELE / 25

最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

東日本大震災支援

東日本大震災チャリティ

「あまちゃん」みんな見てけろ♪