Google

SHERLOCK(シャーロック)

ゲーム・オブ・スローンズ

glee / グリー ♪

ビッグバン★セオリー

  • シーズン3
  • シーズン2
  • シーズン1
無料ブログはココログ

サイト内記事検索

マイリンク

« 「正しい知識を持った」(enlightened)-『グラン・トリノ』(5) | トップページ | 「何してるの?」(What are you up to?)-『グラン・トリノ』(7) »

2010年9月21日 (火)

「頭の悪い」(slow)-『グラン・トリノ』(6)

引き続き 『グラン・トリノ』(Gran Torino) より

220pxgran_torino_poster_2

ギャングにからまれているスーを
助けてあげたウォルト。
彼女を家まで送り届けてあげる間、
車の中ではじめて色んな話をします。

自分たち、モン族について、
ユーモアを交えて明るく
ウォルトに教えてあげるスー。

ウォルトは、話しているうちに、
スーのことをだんだん気に入ってしまいます。
ウォルトの頬が次第にゆるんできて、
楽しそうにしている様子を、
イーストウッドがうまく表現しています☆

スーを演じるのは
アーニー・ハー。
この時、なんとまだ16歳!
頭の回転が速く、
明るい物怖じしない性格、
そんなスーを、魅力的に演じています。
というか、これが彼女の素?
と思うくらい、自然に役に溶け込んでいます。

そんなスーに、
ウォルトはこう言います。
“You know something, kid?
You are alright.”
「あのな、あんたは、なかなかいいよ。」

おや、偏屈のウォルトがこういうなんて、
すごい誉め言葉と同じことですよね!

「でも、あの弟はなんだ?」
と続けます。
スーは気に入っても、
自分の「グラン・トリノ」を盗もうとしていた、
弟のタオは気に入らない。

“He’s a little slow or something?”
「ヤツはちょっと、頭が悪いのかい?」

“slow”
はもちろん、「遅い」「ゆっくりとした」
という意味ですが、
頭の回転についても使われて
「頭の回転がゆっくり」=「頭が悪い」
というふうに、悪口にも使われます。

反対に、
“quick”
は「頭の回転が速い」=賢い、
という意味。
“quick to learn”
は「のみこみが速い」という意味ですね。

こういう「(頭の回転が)遅い、速い」
という言い回しは、
日本語でも同じですね!

ウォルトにしてみれば、
自分のところに謝罪に来ても、
もじもじしてうまく説明もできないタオは、
馬鹿なヤツ、というふうにしか見えないのでしょう。
お姉さんのスーが賢いだけに、
弟は余計まぬけに見える・・・と言ったところか?

しかし、
スーはすかさず、弟を弁護します。
“Thao is actually really smart.”
「タオは本当はとっても頭がいいの。」

でも、難民としてやってきたアメリカで、
新しい土地になじむのに、
モン族の若者たちは苦労しているようです。

“The girls go to college,
and the boys go to jail.”
「(モン族の)女の子たちは大学に行き、
男の子たちは刑務所に行く。」

初めて知った、モン族の厳しい現実・・・
口の減らないウォルトも言葉がありません・・・

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ
にほんブログ村

« 「正しい知識を持った」(enlightened)-『グラン・トリノ』(5) | トップページ | 「何してるの?」(What are you up to?)-『グラン・トリノ』(7) »

ヒューマン・ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「頭の悪い」(slow)-『グラン・トリノ』(6):

« 「正しい知識を持った」(enlightened)-『グラン・トリノ』(5) | トップページ | 「何してるの?」(What are you up to?)-『グラン・トリノ』(7) »

BGM

  • ADELE / 25

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

東日本大震災支援

東日本大震災チャリティ

「あまちゃん」みんな見てけろ♪