Google

SHERLOCK(シャーロック)

ゲーム・オブ・スローンズ

glee / グリー ♪

ビッグバン★セオリー

  • シーズン3
  • シーズン2
  • シーズン1
無料ブログはココログ

サイト内記事検索

マイリンク

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010年6月22日 (火)

レディ・ガガ『テレフォーン』-やるならやり通せ (Once you kill a cow...)

レディ・ガガ(Lady Gaga) "Telephone" のミュージック・ビデオより

レディ・ガガ 旋風、すごいですね!

エキセントリックな衣装とダンス、そして新しいんだけどどこか懐かしいサウンドhappy01

私も『ポーカー・フェイス』"Poker face" のビデオを見て以来、大好きなミュージシャンになりましたgood

新曲の"アレハンドロ"も、Youtubeで公開されていきなりものすごい視聴回数を

記録しているらしいですねshine

このビデオも、彼女独自のスタイルと美学に貫かれていて、

その才能に驚かされるばかりheart04

えっ、彼女まだ24歳ですか? これからさらに活躍していくこと間違い無しですね!

さて、彼女のPVはどれも話題のものばかりですが、

ビヨンセと共演した " Telephone " はまるで1本の映画のようで、

すごい見ごたえですねheart04

彼女たちのファッション、色鮮やかなメイク、そして迫力のダンスシーンは

何度見ても惚れ惚れしちゃいますlovely

そのPVの中で、レディ・ガガが、刑務所に迎えに来たビヨンセ

車の中で話すシーンがあります。

Lady Gaga: " They say, once you kill a cow, you gotta make a burger."

??

なにそれ?

全く聞いたことのない言葉に私は焦りましたwobbly

"They say, ..." ( 「~と言われている」「~だそうだ」という意味)

というからには、ことわざか何かかな?

と思って調べてみたところ、当然(?)辞書には載っておりませんsad

そこで、Google で検索をかけてみると、

本国アメリカの "Yahoo! Answers" でも

これってどういう意味なのか?と話題になっていました。

そうか、これはLady Gaga の造語だったんですね~!

さすが、クリエイティビティの塊のような Gaga、ことわざまで作ってしまうとは!

そこでベストアンサーに選ばれていた答えは、

"It means if you're gonna do something, then do it all the way."

「何かするなら、最後までやり通せ、という意味」

という解答でしたよ。

なるほど、

「いったん牛を殺したら、そのままほっておくんじゃなくて、

バーガー (ハンバーグ、あるいはそれをパンではさんだハンバーガー)まで作れ」

つまり

「最後までやり通せ」

という意味なんですね。

なるほど~happy01 

さすが レディ・ガガ!! 言葉でも驚かせてくれますgood

レディ・ガガは曲も作るし、歌もうまいし(ライブはサイコーですね!)、

激しいダンスもこなせるheart04 

・・・しかもその上、この「ことわざモドキ」の言葉のように、

見ている人を翻弄するような遊びをしかけてくる、

知性的な面も持ち合わせているんですねhappy01

本当に大したものです。

これからますます応援したくなりましたheart04

Go!!Gaga!!

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2010年6月14日 (月)

おかしくなっちゃった (having nervous breakdown) ―『幸せの1ページ』("Nim's Island")(3)

再び「幸せの1ページ」 (原題: Nim's Island) より

ジョディ・フォスターが、パパラッチの少年に暴行した、というのがニュースになっていますねwobbly

暴行と言っても、2人の小さな子供を連れていたので、怒って抗議する際に

カメラを持った腕をつかんだ、という程度のようですが・・・sweat01

ニュースによると、パパラッチの少年は17歳の未成年なので、

父親が怒って訴えている・・・ということらしいですが。

でも!いくら17歳でも、写真を撮るのに「すみません、撮っていいですか」

と尋ねることもしないで、追っかけていって勝手に取っているのですから、

立派なパパラッチ行為のように思えます。

ジョディ・フォスターにしてみれば、そういうパパラッチに毎日のように

追い掛け回されているのですから、怒るのも無理はないのではないでしょうか?

私の個人的な意見としては・・・、

私生活のゴシップを売り物にしないジョディ・フォスターは

とてもプロフェッショナルだと思えるし、好きな女優さんなんですがconfident

彼女のように、プライベートを大事にしようとするのは無理なことなんでしょうか?

でも、少なくとも、未成年の子供たちをメディアから守ってやりたい、と願うのは

母親として当然だとも思うのです。

マイケル・ジャクソンが、子供たちを守るためにいつもマスクを付けさせて

外出させていたのも印象的でしたが、スターたちがいかに毎日パパラッチに

悩まされているか、よく分かりますねsad

今回のことで、私たちファンも余りゴシップに振り回されず、

パパラッチをバックアップしてやることがないようにしたい、と改めて思いましたgood

ジョディ・フォスターの素敵な映画を見れれば、それで満足ですから!

さて、「幸せの1ページ」 (原題: Nim's Island) の話に戻りますが、

この映画の中で、長年引きこもっていた自分の家を飛び出て

ニムの住む島を目指す、ジョディ・フォスター演じる

アレックス・ローバーは、次から次へと襲ってくる困難のために、

旅の途中ですっかり参ってしまいます。

それを彼女は

"having nervous breakdown"

「おかしくなっちゃったのよ」

と表現しています。

"nervous breakdown" とは、 「神経衰弱」のことですが、

本当にその病名がついているわけじゃなくても、

「神経が参っちゃった」「おかしくなっちゃった」

というような意味合いでも使われます。

この映画では、アレックス・ローバーに関して、

「外出恐怖症」など、色々精神面での問題を表す表現がよく使われていますね。

まあ、日常ではそれほど高い頻度で使われる言葉ではないですが・・・

覚えておくのもいいでしょうhappy01

さて、この言葉を覚えて、今日のジョディ・フォスターのニュースを振り返ると・・・

毎日パパラッチに追い掛け回されたために

「おかしくなっちゃった (having nervous breakdown)」

とも言えるでしょうねgood

それはとても気の毒なので、どうか、パパラッチの皆さん、

彼女をそっとしておいてあげてくださいね~heart04

2010年6月 6日 (日)

弱点 (Achilles' heel)ー『幸せの1ページ』("Nim's Island")(2)

再び「幸せの1ページ」 (原題: Nim's Island) より

この映画では、ジョディ・フォスター演じる引きこもりの主人公アレックス・ローバーが、

いかにして外の世界に出て行くか、がテーマになっています。

何度もくじけそうになる彼女を励まし続けるのが、

彼女が書く本の主人公、冒険家アレックス・ローバーです。

ニムの父親を演じるジェラルド・バトラーが、二役で演じています。

この空想上の友達、冒険家アレックス・ローバーの姿が、

彼女にはいつでも見えているし、話もできるのですcoldsweats01

これって、「ビューティフル・マインド」の主人公みたいですね~!

外出恐怖症だし、確かにちょっとぎりぎり・・・という設定なのでしょう。

この空想上の冒険小説家、アレックス・ローバーはさすがにタフ!

次から次へとやってくる困難もなんのその、彼女を励まし続けます。

ジェラルド・バトラーが男の魅力全開で演じています。

彼は「オペラ座の怪人」で有名ですが、「300(スリーハンドレッド)」では

究極に男らしいスパルタの将軍を、肉体美を惜しげもなく披露して演じていますね。

そんな彼はこの映画の冒険家の設定にもぴったり!

ファッションもインディ・ジョーンズ風ですので、次はそんな役も演じてもらいたいですねheart04

さて、そんな究極のヒーロー、アレックス・ローバーですが、

なんと、たった一つだけ弱点があることが判明します。

ニムのいる孤島に行くためにはヘリコプターに乗り継がなくてはいけないのですが、

彼は実はヘリコプターが大の苦手!!wobbly

ヘリコプターの中で、はじめて弱音を吐いてしまいます。

"It's my Achilles' heel."

「これが自分の”アキレスのかかと(=弱点)”なんだ。」

”アキレスのかかと”

についてはご存知の方が多いと思います。

アキレスとはギリシア神話に出てくるヒーロー。

不死身のヒーローなのですが、たった一つだけ弱点がある。

それが、かかと!

どんな強敵が束になっても彼を倒すことはできなかったのに、

たった一本の矢がかかとに命中したために、命を落としてしまいます。

「アキレス腱」という言葉が日本語でもおなじみになっていますね。

このアキレスの神話から、英語で

"Achilles' heel" 

は「唯一の弱点」という意味で使われるのです。

しかも、不死身の冒険家、アレックス・ローバーの弱点を言い表すには、

最適な表現と言えるでしょう。

"weak point" 

も「弱点」という意味ですが、不死身のヒーロー・アキレスにちなんだ表現の方が、

彼にはより、ぴったり!!とうなずけるんですねheart04

そして、

「他は完璧で強いんだが、たった一つの弱点」

という意味合いを含むこともできる。

このように、ギリシア神話にちなんだ言葉としては他に

「ナルシスト (narcissist)」 も有名ですね。

日本語でもすっかりおなじみの 「自分が大好きな人」 という言葉。

絶世の美少年・ナルシスは、湖に映った自分を顔に見とれて、

もっと近づこうとして水に落ちて死んでしまったとかsad

この神話にちなんで  "narcissist"  という言葉が使われています。

このように、英語って、ギリシアやラテンやフランスなどから、

色んな言葉と文化を受け継いだ、奥が深~い一面を持っているのですheart01

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

BGM

  • ADELE / 25

最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

東日本大震災支援

東日本大震災チャリティ

「あまちゃん」みんな見てけろ♪