Google

SHERLOCK(シャーロック)

ゲーム・オブ・スローンズ

glee / グリー ♪

ビッグバン★セオリー

  • シーズン3
  • シーズン2
  • シーズン1
無料ブログはココログ

サイト内記事検索

マイリンク

« 『セックス・アンド・ザ・シティ ザ・ムービー』(4) love at first sight | トップページ | 『セックス・アンド・ザ・シティ ザ・ムービー』(6) screw up »

2010年3月31日 (水)

『セックス・アンド・ザ・シティ ザ・ムービー』(5) killing me

再び『セックス・アンド・ザ・シティ ザ・ムービー』

"Sex and the City”より

ミランダと結婚したスティーブ

美人弁護士のミランダとバーテンダーでごく普通のルックスのスティーブ、

という超格差カップルなんだけど、テレビシリーズでゴールインまで行ったんですよね

でも・・・

仲のいいカップルでも魔のさすこともある・・・?!

ある日の夜、様子のおかしいスティーブ。

実は!!

つい魔がさして、一回だけ浮気してしまった!と衝撃の告白!!

ミランダを愛しているスティーブは後悔の念にさいなまれて、

ミランダに許しを乞います。

自分のしてしまったことが

「It's killing me!」

なんだと。

"killing me" とは、直訳すると「自分を殺そうとしている」ですけど、

ほんとに殺されそうなわけじゃなくて、

「すごく辛い」とか「すごく苦しい」、「辛くて死にそう」くらいの意味でしょうか

それだけ悩んでるから、許して、ってスティーブは言ってるんですよね。

でも・・・

浮気がそう簡単に許せないミランダ。

逆にその事実が「killing me!」なんだと逆襲されます。

そりゃ、信じてただんな様に浮気されたら、すごく辛い、苦しい、ですよね。

英語で "kill" って単語をすぐ使うのって、オーバーにも感じますが、

(ホントに殺すわけじゃないからね)

逆にそれほどの苦しみを表す表現って、日本語に無いなあ・・・

とも思うので、英語の感情表現の特徴が出ている一言だな~って思います

ま、できれば実際にこの表現を使う状況には陥りたくないですね!!

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

« 『セックス・アンド・ザ・シティ ザ・ムービー』(4) love at first sight | トップページ | 『セックス・アンド・ザ・シティ ザ・ムービー』(6) screw up »

海外TVドラマ:Sex and the City」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 『セックス・アンド・ザ・シティ ザ・ムービー』(4) love at first sight | トップページ | 『セックス・アンド・ザ・シティ ザ・ムービー』(6) screw up »

BGM

  • ADELE / 25

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

東日本大震災支援

東日本大震災チャリティ

「あまちゃん」みんな見てけろ♪